渡邊野鳥保護区フレシマ(わたなべやちょうほごくふれしま)

タンチョウ保護のための野鳥保護区
北海道根室市 203.7ヘクタール

2005年3月、法的指定がなされていない湿原と草原を渡邊玲子氏からのご寄付を元に買い取った。この保護区は、根室市の太平洋側に位置し、五本松川とホロニタイ川の下流域に広がる湿原と湖沼と草原で形成され、北海道の海岸線の原風景が残されている。1970年代からタンチョウが繁殖している由緒ある地域である。

写真
根室市の海岸線に広がる湿原と湖沼。海岸線に道路がなく、北海道の原風景が残されている。

この野鳥保護区のストリートビューはこちら