みまもって!ナベヅル・マナヅル

 秋を迎え、ナベヅル、マナヅルが日本に渡って来る時期になりました。
 国内でのツルの越冬地の復元・保全のため、今年も四国各県、四国地方整備局、中国四国農政局に他の自然保護団体と共同で依頼書を提出し、ツルへの配慮と狩猟者や住民の方々への周知をお願いしました。
 今年はチラシ、ポスターの内容を充実させ、四国地方だけでなく熊本県内でも10月より各県から関係者に配布していただいています。


・四国4県宛て要望書

平成29年10月2日


徳島県知事 飯泉嘉門様
香川県知事 浜田恵造様
愛媛県知事 中村時広様
高知県知事 尾﨑正直様

公益財団法人日本野鳥の会
公益財団法人日本自然保護協会
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン
公益財団法人日本鳥類保護連盟
日本ツル・コウノトリネットワーク
四国ツル・コウノトリ保護ネットワーク

四国に飛来するツル類の保護対策について

 平素からツル類など野鳥の保護につきましては、ご理解とご配慮をいただき深謝しております。
 一昨年度に四国各地で合計約300羽のナベヅルが渡来し、100羽以上が長期滞在(越冬)しました。昨年度は27年度ほど多くの個体は渡来しませんでしたが、最終的な越冬数は約50羽で、例年と比べると飛躍的に越冬数が増加しています。ツルは学習能力が高く、同じ越冬地を選ぶ傾向があることから、一昨年度からの様々な関係者の配慮や努力による成果ではないかと思われます。長年の課題である新越冬地の形成の兆しが見えつつあるように感じます。
 つきましては、今シーズンもツル類の渡来が予想されますので、引き続きご協力いただきたく、お願い申し上げます。詳細は別紙1をご覧ください。チラシ・ポスターを製作しましたので、ご活用ください。
 また、下記の通り、関係者への周知にもご協力いただきたく、重ねてお願い申し上げます。

1 ツル類の渡来地の関係者

  • 県の鳥獣、自然保護、農業、漁業、河川担当部署と出先機関
  • 市町村の上記担当部署
  • 県内で登録した狩猟者、猟友会、内水面漁業協同組合
  • 地域住民 等

※上記以外にも関係者がいらっしゃる場合は、適宜ご対応くださいますようお願い申し上げます。
なお、四国地方整備局、中国四国農政局には別途依頼しています。

2 資料一式

【問合せ】公益財団法人日本野鳥の会自然保護室 伊藤、野口、葉山
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-9-23
電話/Fax:03-5436-2633/2635 Eメール:hogo@wbsj.org



(PDF 1.01MB)


(PDF 691KB)