オオジシギ保護調査プロジェクト

繁殖地・越冬地で個体数が減少

オオジシギの繁殖分布
2012年、2013年にシブノツナイ湖で繁殖したオオジシギ。足に標識のフラグをつけた 撮影/髙﨑成人
オオジシギの繁殖分布
ブログ オオジシギ渡りルートの調査


 生息個体数の減少が懸念されているオオジシギの調査と、その生息地である勇払(ゆうふつ)原野(北海道苫小牧市)の保全に向けたプロジェクトを、この夏からスタートします。
 オオジシギは北海道を主な繁殖地とし、本州や九州、またロシア極東の一部でも繁殖が確認されています。環境省版レッドリストでは、本州中部で生息地が減少しているという理由から準絶滅危惧種(NT)となっています。また、北海道でも十勝地方で行なわれた調査で、1978~91年と2001年を比較して個体数が減少していることが指摘されています(※1)。さらに、越冬地であるオーストラリアでも越冬数が減少しているとされていますが、近年は調査が行なわれていないためよくわかっていません。また、渡りの主要な中継地も把握されていない中、渡りの際に利用すると考えられる内陸湿地の減少も懸念されています。

渡りの中継地として勇払を利用

 当会では2000年からウトナイ湖サンクチュアリを中心に、「勇払保全プロジェクト」として勇払原野の鳥類調査を行ない(※2)、05年度末には「勇払原野保全構想報告書」をとりまとめ、行政機関等にその保全を働きかけています。01 ~03年の鳥類調査では繁殖期のディスプレーを確認し、1千29羽のオオジシギに装着した標識やフラグから、当地が重要な中継地であることも判明しました(※3)。10年にわたる働きかけの結果、勇払原野は遊水地としての利用が決定し、湿地環境が確保されることになりました(※4)。一方で、勇払原野はこの10年間でブロッコリーの大規模試験栽培用地として利用されるなど、生息環境と個体数の減少が懸念されます。

オオジシギと勇払の自然を保全

 そこでこのプロジェクトでは、勇払原野を含め、主要繁殖地である北海道におけるオオジシギの生息状況とともに、衛星追跡により渡りの中継地や越冬地を明らかにすることで、保護すべき地域や環境を特定し、保全活動に結びつけていきます。また、今年からスタートした「全国鳥類繁殖分布調査」と連動して、全国での繁殖状況の把握を行ないます。さらに、ブロッコリー栽培などに利用されてきた土地を、もう一度オオジシギをはじめとした野鳥の好適な生息地に戻すための手法を明らかにしていきます。
 オーストラリアでオオジシギの越冬する湿地の調査や普及活動を行なっている研究者やNGOの来日も予定されており、今後は国際連携も目指していきます。

※1 北島幸恵・藤巻裕蔵 2003 北海道十勝平野におけるオオジシギGallinago hardwickiiの生息動向 山階鳥学誌,35 :12-18 2003
※2『野鳥』2001年9・10月号 ※3『野鳥』2002年8月号
※4『野鳥』2015年4月号


◎このプロジェクトは、長年ウトナイ湖サンクチュアリをご支援いただいた故・越崎清司様からのご遺贈を活用させていただきます


2012年、2013年にシブノツナイ湖で繁殖したオオジシギ
オオジシギの繁殖分布
(1997~2002年 全国鳥類繁殖分布調査)

オオジシギとは

シギ科タシギ属。学名Gallinago hardwickii 全長約30cm。
ずんぐりとした体に長いクチバシを持つ渡り鳥です。

夏は主に北海道の草地や本州の山地の草地、ロシアの一部で繁殖し、冬にはオーストラリア周辺で過ごします。渡りの途中で水田や湿地などで観察されることがありますが、詳しい渡りのルートや中継地はわかっていません。

繁殖地の草原ではオスが「ズビャーク」とか「ジーエップ」と鳴きながら飛びまわり、尾羽を広げてバリバリと音を立てながら急降下するユニークなディスプレイ飛行が見られます。その大きな音から、地方によっては「カミナリシギ」と呼ばれ親しまれています。

オオジシギ フォトギャラリーはこちら

渡りルートの調査

オオジシギがどういう経路で渡りをするのかはまだわかっていません。オオジシギにとって必要な環境や重要な生息地・中継地を明らかにし、適切な保全を行なうことを目的に、渡りルートを探る調査をおこなっています。
詳しくはこちら

Q&Aはこちら