カンムリウミスズメの参考資料、文献(発表年順で掲載)

  • 小林豊・山本裕・篠木秀紀.2012.伊豆諸島三宅島大野原島の周辺海域における1996年~ 2008 年のカンムリウミスズメの観察個体数と分布.Strix 28:109-114.
  • 佐藤仁志・森茂晃・八幡浩二.2012.隠岐諸島におけるカンムリウミスズメ
    Synthliboramphus wumizusumeの生息状況.ホシザキグリーン財団研究報告,第15号:299-306.
  • 日本野鳥の会.2011.カンムリウミスズメ保護プロジェクト 2010年度事業報告書.日本野鳥の会.東京.
  • 橋口大介・藤井格・藤井香織・鈴木淳司.2011.瀬戸内海西部海域におけるカンムリウミスズメと海底地形の関係.日本鳥学会2011年度大会講演要旨集.
  • 藤井格・藤井香織・橋口大介・鈴木淳司.2011.瀬戸内海西部海域におけるカンムリウミスズメと流れ藻の関係.日本鳥学会2011年度大会講演要旨集.
  • 飯田知彦.2010.瀬戸内海西部におけるカンムリウミスズメSynthliboramphus wumizusumeの複数家族群の初確認.日本鳥学会誌 59 No.1:73-75.
  • 小野宏治.2010.カンムリウミスズメ.野生動物保護の事典.490-493.
  • 小田谷嘉弥・宮脇佳郎.2010.三浦半島周辺のカンムリウミスズメの分布と生態.日本鳥学会2011年度大会講演要旨集.
  • 中村豊・末吉豊文・福島英樹.2010.カンムリウミスズメの巣立ちその後.宮崎県総合博物館研究紀要.第30輯:1-9.
  • 日本野鳥の会.2010.カンムリウミスズメ保護プロジェクト 2009年度事業報告書.日本野鳥の会.東京.
  • 藤井格・橋口大介・藤井香織・鈴木淳司.2010.瀬戸内海西部海域におけるカンムリウミスズメの生息と換羽状況について.日本鳥学会2011年度大会講演要旨集.
  • 武石全慈・岡部海都・尾上和久.2010.カンムリウミスズメ繁殖地の小屋島へのドブネズミ供給源としての沖ノ島の可能性.日本鳥学会2010年度大会講演要旨集.
  • 山本裕・土田修一・小林豊.2010.卵殻のDNA分析による静岡県・神子元島でのカンムリウミスズメ繁殖再確認.日本鳥学会2010年度大会講演要旨集.
  • 山階鳥類研究所.2010.平成21年度伊豆諸島におけるカンムリウミスズメの繁殖地等調査業務報告書.山階鳥類研究所.千葉.
  • 飯田知彦.2009.広島県およびその周辺の瀬戸内海におけるカンムリウミスズメ Synthliboramphu wumizusume の生息状況について.げいなんの自然 11:34-39.ひろしまの自然の会.
  • 飯田知彦.2009.カンムリウミスズメSynthliboramphu wumizusumeの生態と齢識別・換羽に関する新たな知見について.日本鳥学会2008年度大会講演要旨集.
  • 中村豊・末吉豊文・福島英樹.2009.カンムリウミスズメの巣立ちその後.日本鳥学会2009年度大会講演要旨集.
  • 中村豊.2009.枇榔島 (宮崎県)のカンムリウミスズメ.野鳥 732:14.
  • 日本野鳥の会.2009.カンムリウミスズメ事業報告(1995~2008年度).日本野鳥の会.東京.
  • 藤井格・橋口大介・藤井香織・鈴木淳司.2009.瀬戸内海におけるカンムリウミスズメの換羽について.日本鳥学会2009年度大会講演要旨集.
  • 藤井格・橋口大介・藤井香織.2009.瀬戸内海におけるカンムリウミスズメの生息海域.日本鳥学会2009年度大会講演要旨集.
  • 武石全慈.2009.瀬戸内海でのヒナを含むカンムリウミスズメの4・5月期における確認.日本鳥学会2008年度大会講演要旨集.
  • 山本裕.2009.カンムリウミスズメを取り巻く状況.野鳥 732:11-13.
  • Iida T.2008.The first confirmation of the non-breeding habitat of Japanese Murrelets Synthliboramphu wumizusume. Ornithol.Sci.7:163-165.
  • 飯田知彦.2008.瀬戸内海におけるカンムリウミスズメの生態.-主に非繁殖期の生態と繁殖の可能性について.日本鳥学会2008年度大会講演要旨集.
  • 藤田健一郎.2008.千葉県館山市沿岸で観察されたカンムリウミスズメの雛.山階鳥学誌40:53-55.
  • 中村豊・児玉純一・井上伸之・岩切康二・鈴木素直・友貞隆明.2008.カンムリウミスズメの繁殖場所への移動とその方法.日本鳥学会2008年度大会講演要旨集.
  • 藤田泰宏・森茂晃.2005.島根県隠岐航路における海鳥の個体数と漁業資源との関係の検討.ホジザキグリーン財団研究報告 第8号:241-246.
  • 奴賀俊充・桑原和之・乃一哲久・羽賀秀樹・竹田伸一.2004.千葉県周辺地域における繁殖期のカンムリウミスズメ Synthliboramphu wumizusumeの観察記録.山階鳥研報 36:93-96.
  • 環境省自然保護局野生生物課(編).2002.改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物2[鳥類].自然環境研究センター.東京.
  • Harry R. Carter,Koji Ono,John N.Fries,Hiroshi Hasegawa,Mutsuyuki Ueta,Hiroyoshi Higuchi,Jack T. Moyer,Leigh K. Ochikubo Chan,Leah N. de Forest,Masami Hasegawa and Gustaaf B.van Vliet.2002.Status and Conservation of the Japanese Murrelet(Synthliboramphus wumizusume) in the Izu Islands,Japan.Yamashina Institute for Ornithology 33:61-87.
  • 油汚染海鳥被害委員会編.2001.油汚染による海鳥の収容状況調査.「ナホトカ号油事故における海鳥被害調査活動記録」.195-218.油汚染海鳥被害委員会.東京.
  • 佐藤仁志.1999.1986年1月に発生した日本海における海鳥の油汚染被害.山階鳥研報 31:134-141.
  • Gaston,A.J.& Jones,I.L.1998.The Auks.Oxford University Press.New York.
  • 小野宏治.1997.カンムリウミスズメから学ぶ海鳥と人との共生.野鳥 603:12-13.
  • 小林豊・山本裕・Jack T.Moyer.1997.伊豆諸島三宅島大野原島とその周辺海域におけるカンムリウミスズメの観察.Strix Vol.15:109-115.
  • 中村豊・小野宏治.1997.門川町枇榔島におけるカンムリウミスズメSynthliboramphus wumizusumeについて.宮崎県総合博物館研究紀要 第20輯:25-40.
  • 小野宏治.1996.日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(Ⅲ).社団法人日本水産資源保護協会.7.カンムリウミスズメ.514-519.
  • 望月英夫・植田睦之.1996.伊豆諸島におけるカンムリウミスズメの個体数の減少.Strix 14:173-176.
  • 小野宏治編.1995.希少種ウミスズメ類の現状と保護Ⅰ.日本ウミスズメ類研究会.船橋.
  • 小野宏治.1995.カンムリウミスズメ.人の出すゴミによって脅かされる営巣地.私たちの自然.日本鳥類保護連盟会報 403:14-17.
  • 小野宏治・John Fries・中村豊.1995.カラス類によるカンムリウミスズメの捕食-離島の都市化と減懸念種の保護について-.Urban birds 46:63-68.
  • Ono,K.Fries,J.N.and Nakamura,Y.1995.Crow predation on Japanese Murrlets on Bird Island.Pacific Seabird Group 22st Annual Meeting.San Diegp.
  • 小野宏治・中村豊・樋口行雄・武石全慈.1994.カンムリウミスズメの現状と保護.日本鳥学会1994年度大会自由集会要旨集.
  • 小野宏治・John Fries・中村豊.1994.海上カウントによるカンムリウミスズメ個体数の推定.日本鳥学会1994年度大会自由集会要旨集.
  • 小野宏治・John Fries・中村豊.1994.宮崎県枇榔島におけるカラス類によるカンムリウミスズメの捕食.日本鳥学会1994年度大会自由集会要旨集.
  • 小野宏治.1994.特別企画・小さな博物館-カンムリウミスズメ.自然保護 381:16-17.日本自然保護協会.東京
  • Ono,K.and Nakamura,Y.1994.Current Status and Breeding Ecology of Japanese Murrets.Pacific Seabird Group 21st Annual Meeting.Sacramento.
  • 東京都労働経済局農林水産部林務課.1994.指定鳥獣保護調査-カンムリウミスズメの生態と保護-.東京都労働経済局農林水産部林務課,東京.
  • 中村豊.1994.門川町枇榔島におけるカンムリウミスズメの現状.みやざきの自然 9:13-19.鉱脈社.宮崎.
  • Piatt J.F.& Gould P.J.1994.Postbreeding dispersal and drift-net mortality of endangered Japanese Murrelets.Auk 111:953-961.
  • 小野宏治.1993.伊豆諸島近海におけるカンムリウミスズメSynthliboramphus wumizusumeの洋上分布と繁殖生態.東邦大学理学部修士論文.
  • 小野宏治.1993.カンムリウミスズメの現状と保護.1993年鳥学会 自由集会講演要旨.
  • 武石全慈・池田浩一・武下雅文.1993.福岡県小屋島におけるカンムリウミスズメ観察・調査小史.1993年度日本鳥学会大会自由集会要旨集.
  • 中村豊.1993.カンムリウミスズメの生息状況アンケート調査の結果.1993年度日本鳥学会大会講演要旨集.
  • 中村豊.1993.カンムリウミスズメの分布に関する全国アンケート結果.日本鳥学会1993年度大会自由集会「カンムリウミスズメの現状と保護」.
  • 中村豊.1993.宮崎県枇榔島における繁殖現状.日本鳥学会1993年度大会自由集会要旨集.
  • 中村豊・小野宏治.1993.宮崎県門川町沖枇榔島におけるカンムリウミスズメの繁殖生態.日本鳥学会1993年度大会講演要旨集.
  • 小野宏治.1992.伊豆諸島八丈島小池根におけるカンムリウミスズメの繁殖生態.1992年度日本鳥学会大会講演要旨集.
  • 中村豊.1992.カンムリウミスズメのヒナの離巣行動.日本鳥学会1992年度大会講演要旨集.
  • 加藤琢矛・浜田展也.1991.冬季隠岐航路から観察された鳥類.島根野生生物研究会 7:22-24
  • 永田尚志・大長光純.1991.九州,玄界灘烏帽子島におけるカンムリウミスズメSynthliboramphus wumizusume の繁殖地の再発見.Strix 10:259-262.
  • 中島義人.1990.カンムリウミスズメ・カラスバト生息現況調査.野鳥だよりみやざき100:14-21.
  • 武石全慈.1987.福岡県小屋島におけるカンムリウミスズメの大量斃死について.北九州市立自然史博物館研究報告 7:121-131.
  • 土肥昭夫・武石全慈.1987.筑前沖ノ島属島、小屋島のカンムリウミスズメが大量死した原因および対策のための調査報告(第一次現地調査報告).福岡県緑化推進課.福岡.
  • Nazarov,Y.N.& Shibaev,Y.V.1987.Synthliboramphus wumizusume breeds on the north-west coast of the Sea of Japan.Distribution and Biology of Seabirds of the Far East:87-88.(邦訳:極東鳥類研究会.2010.カンムリウミスズメ日本海北西部沿岸で繁殖.極東の鳥類 No.27:121-122.〔藤巻裕蔵訳〕)
  • 河野裕美・阿部直哉・真野徹.1986.沖の神島の海鳥類.山階鳥研報 18:1-27.
  • 長谷川博.1986.伊豆諸島におけるカンムリウミスズメの繁殖現状(一般講演要旨).日本鳥学会誌 35:91.
  • 元炳旿.1984.九屈島海鳥類(カンムリウミスズメ,オオミズナギドリ,ヒメクロウミツバメ)繁殖地.韓国の鳥天然記念物.129-131.(in Korean)
  • 磯部清一.1982.新島の鳥類.都生研誌.18pp.
  • 環境庁.1980.第2回自然環境保全基礎調査動物分布調査報告書(鳥類)全国版鳥類繁殖地図調査1978.環境省.東京.
  • 樋口行雄.1979.カンムリウミスズメの繁殖生態と分布.海洋と生物 3:20-24.
  • 環境庁.1978.柱島,大机島,小机島,特定鳥類調査報告書.132-139.環境庁.東京.
  • 北九州野鳥の会研究部.1978.筑前沖ノ島付属島小屋島のカンムリウミスズメ・ヒメクロウミツバメ繁殖地における人為的被害に関する実態調査.その3 まとめ.北九州野鳥の会.北九州.
  • 環境庁.1975.沖ノ島,特定鳥類調査報告書.225-268.環境庁.東京.
  • Moyer, J. T.1957. The Birds of Miyake Jima,Japan.The Auk 74:215-228.
  • 山階芳麿.1936.伊豆七島に於けるカラスバトJanthoenas janthina 及びカンムリウミスズメSynthliboramphus wumizusume の習性.鳥 9巻43号:222-231.