「福島の原発被災地を訪ねるエコツアー 第2弾」開催します

萱浜

 去る2013年7月に原発被災地を訪ねて自然環境や社会環境の変化を知るツアー「福島の原発被災地を訪ねるエコツアー」を実施しました。
 このツアーでは被災地の農業・漁業関係者など様々な分野にわたる地元の方々の案内により、人々の生活が途絶えることで変化した自然環境や野生生物への影響、また人々の生活への影響を目の当たりにしました。
 2年が経過して、自然環境はどう変改しているのか、復興は進んでいるのか。福島の原発被災地を再び訪れます。現地で調査を続ける当会職員の案内に加え、今回も多くの現地ガイドの方にご協力をいただき、直接お話を伺います。
 参加ご希望の方は、下記ツアーチラシをご覧ください。なお先着順となりますので、定員に達した際にはご了承ください。

旅行概要
  1. 日程:2015年9月10日(木)~12日(土)
  2. 主な訪問予定地:相馬市、南相馬市、飯館村、浪江町、富岡町、楢葉町
  3. 旅行代金:52800円
  4. 募集人員:35名
  5. 交通:東京駅より往復バス利用
  6. 同行:日本野鳥の会 安藤康弘(会員室室長)、山本裕(自然保護室チーフ)/現地ガイド
  7. 旅行企画・実施:株式会社阪急交通社
ツアーチラシ
ツアーチラシ<PDF>【 表面(PDF 1.95MB)・ 裏面(PDF 1.48MB)】
申込み
ツアーの申し込みは阪急交通社(連絡先はチラシご参照ください)に直接ご連絡ください。
ツアー内容の問い合わせ
日本野鳥の会 会員室 (電話:03-5436-2630)


 >>> 2013年に開催したエコツアーレポートを読む