保護区パトロール日誌

<< 前のページ

2010年1月14日(木) 18:38

明治乳業野鳥保護区牧の内 WEBカメラ設置の説明会を開催

日本野鳥の会と明治乳業鰍ヘ、希少な野鳥の生息する野鳥保護区の自然の姿をご家庭に届けるため、明治乳業野鳥保護区牧の内へWEBカメラを設置しました。

1月14日に共同で開催した報道向けの説明会では、WEBカメラ設置の経緯やシステム概要の他、インターネットに接続して操作画面を表示し、実際にカメラを操作してデモンストレーションを行いました。説明会後にはカメラを設置した現地でも取材を受けました。


(写真:報道向けの説明会)


(写真:説明会でのデモンストレーション)


(写真:WEBカメラと明治乳業野鳥保護区牧の内)


このWEBカメラは、インターネットに接続できるパソコン端末から、カメラを遠隔操作(ズーム、水平・垂直方向)することができ、音声も楽しむことができます。
タンチョウやオジロワシ、オオワシなどの野鳥をはじめ、エゾシカ等の哺乳類、湿原に咲く花々など、季節ごとに様々な自然の姿を見ることができます。

日本野鳥の会根室市明治乳業のそれぞれのホームページから、保護区の自然の様子をライブ映像で閲覧できます。野生生物への影響を考慮し立ち入りができない保護区の大自然を、ご家庭のパソコンから是非ご覧ください。


WEBカメラへのリンク

明治乳業野鳥保護区牧の内に設置したライブカメラに関するプレスリリース

●ブログ引っ越しのお知らせ
保護区パトロール日誌は新しいブログへの引っ越しを順次進めていきますので、
お気に入りの再登録等よろしくお願いいたします。
http://yacho-hogoku.seesaa.net/

<小畑記>

written by 保護区事業所 [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント()] [TB()]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年1月9日(土) 16:57

銀世界に動くもの

年末の大雪に加え、年始の嵐で更に積雪がありました。
根室には今、銀世界が広がっています。

そんな景色の中、ネイチャーセンターの前に姿を現したのはキタキツネ。
夕日を浴びたオレンジ色の体毛が白い雪に鮮やかです。
シカが踏み分けた道を利用して、何かを探すようにしばらくうろうろしていました。


もこもこの冬毛は、とっても暖かそう!

一面雪に覆われた世界では、動くものがよく目立ちます。
雪かきも寒さも辛いですが、生き物を見つけるには絶好の季節です!(Oh)

written by 保護区事業所 [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント()] [TB()]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年1月5日(火) 10:28

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

野鳥保護区事業所では、タンチョウやシマフクロウの生息地保全を目的に、土地の買取による野鳥保護区の拡大を行ってきました。昨年からは新たに、シマフクロウの生息環境の保全を目的とした「シマフクロウの森を育てよう!プロジェクト」を始めています。

「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」が名古屋で開催される今年、希少種の保全だけでなく生物多様性の保全と二酸化炭素吸収を同時に行うことができる、本プロジェクトを野鳥保護区において今年も推し進めて参ります。

これからも、このブログを利用して、私たちの活動をお伝えしていきますので、ご期待下さい。



本年も変わらぬご指導ご支援をよろしくお願いいたします。
野鳥保護区事業所レンジャー一同

written by 保護区事業所 [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント()] [TB()]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年1月3日(日) 16:13

本年もよろしくお願いします


年末の大雪で、給餌場も真っ白になり綺麗な雪景色になっています。
しかし、給餌は雪に足をとられとても大変です。


思ったより冷え込みは緩く過ごし易い年明けとなりました。
給餌場には300羽を超えるタンチョウがやってきており、
もっともにぎやかな時期です。

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリでは、本年もタンチョウの保護活動に
一生懸命取り組んで参ります。
特に、夏期「グリーンホリデー」や「学生ワークキャンプ」などで造った
タンチョウの冬期自然採食実験地の調査をはじめとする越冬環境の保全に
力を入れていきたいと考えています。

                   
              本年もご指導ご支援をお願い申し上げます。
              鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリレンジャー一同

written by 鶴居・伊藤タンチョウサンク [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント()] [TB()]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年12月29日(火) 23:45

見渡す限り雪ばかり

昨晩から、根室のお天気は大荒れ。
雨は夜更け過ぎに大雪へと変わり、今日の朝は一面の銀世界でした!

朝一番の仕事はもちろん、雪かきです。
まずは出勤のために、車を雪から掘り出すところから……。
ネイチャーセンターにたどり着くのも一苦労でした。



ようやく到着したネイチャーセンター。
雪からのぞいている黒い横棒は、車止めの柵です。
雪の中を泳ぐように先へ進みます。



ネイチャーセンターの屋根から落ちた雪が、小山を作っていました。
足洗い場が完全に埋もれてしまっています。
一晩でできた雪山に、レンジャーもびっくりです!



雪かきをするために、まずは人の通れる道作りです。
積雪は約50pほどでしょうか。
見事な雪の壁でした。


あとは、ママさんダンプとスコップを駆使して、ひたすらに雪かきです。
地元の子どもたちの手伝いもあり、何とかセンターまでの道は開通。
自動車一台が通れる幅まで、しっかりと雪をかきました。
終わった頃には、レンジャーも子どもたちも汗だく……。
明日の筋肉痛が怖いです。



ほんのり雪化粧だった春国岱も、すっかり銀世界。
風蓮湖の結氷も進んできています。


大荒れのお天気のあとは、晴天の空。
青い空と白い大地のコントラストがとても綺麗でした。
雪かきは大変ですが、冬らしい光景にちょっと嬉しくなりました。(Oh)

written by 保護区事業所 [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント()] [TB()]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

保護区パトロール日誌

MySketch Gallery 1.2.4 written by 夕雨