Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 群馬県・新潟県・長野県:浅間・白根・谷川

群馬県:利根郡新治村・みなかみ町、
      吾妻郡中之条町・六合村・草津町・嬬恋村・長野原町
新潟県:十日町市、南魚沼市、中魚沼郡津南町・南魚沼郡塩沢町・湯沢町
長野県:須坂市、小諸市、東卸市、上田市、 上高井郡高山村、
      下高井郡野沢温村・木島平村・山之内町、
      下水内郡栄村、北佐久郡軽井沢町・御代田町

位置 N 36°43′ E 138°35′
面積 103,000ha

環境構成


浅間山 
写真提供:増田 茂 

草津白根山 
写真提供:堀込紀夫 

森林

■浅間・白根:上信越国立公園に属し、日本有数の活火山で常に噴煙を上げており、山頂に近い所は溶岩におおわれている。山麓は豊かな森林で構成されており、動植物の種類も多い。また、良好な生態系のため別荘地も多く、観光地として多くの人が訪れる。
■谷川:谷川連峰は群馬県と新潟県の境に位置する標高2,000m前後の山脈である。大きな谷と急峻な岩壁を持つ山岳地帯で、夏まで残雪を残す地域である。チシマザサを林床にしたブナ林があり、亜高山植生が欠け高山植生に移る特異的植生である。また蛇紋岩地があり高山植物相が特異的である。哺乳類、鳥類など動物相も豊富である。

保護指定

サイト名 保護区指定 面積
浅間・白根・谷川 上信越高原国立公園

保全への脅威

浅間・白根・谷川 ・不十分な森林管理 
・水門、ダムの建設
浅間 ・観光地としての開発
・別荘地としての開発
・外来植物の拡大
白根 ・観光、レクリエーション
・火山活動と亜硫酸ガスの噴出

保全活動

日本野鳥の会 吾妻(浅間) ・探鳥会
・小学生の観察会(北軽井沢)
・浅間高原野鳥生息状況調査(平成15・16年)
日本野鳥の会 吾妻(白根) ・探鳥会
国立公園事務所(白根) ・展示及び普及活動

2006年の動き

保全活動
草津町(白根) ・コマクサと亜高山植物の保護
森林管理所(白根) ・パトロール

普及活動
日本野鳥の会 吾妻(浅間・白根) ・探鳥会



見られる鳥

■浅間:広大な山麓の森林地帯は野鳥の生息も多く、春から夏にかけての繁殖期は種類も豊富である。冬季は一面の銀世界。

留鳥 コジュケイ、キジ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、エナガ、ヤマガラ、ホオジロ
夏鳥 カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、オオルリ、イワツバメ、ツバメ、サンショウクイ
冬鳥 カイツブリ、オシドリ、マガモ、カルガモ、ジョウビタキ

■白根:上信越国立公園の一角にあり、2,000mの亜高帯で春〜秋は観光のメッカで雲上の楽園である。冬はスキー場として名高い。
留鳥 ホシガラス
夏鳥 コマドリ、カッコウ、アマツバメ、オオルリ、メボソムシクイ、ウソ
冬鳥 ツグミ、ジョウビタキ、キクイタダキ

■谷川:高山鳥、亜高山鳥の繁殖地として重要である。また日本海側との移動地点になっているのかハクチョウ類の高空通過目撃がある。
留鳥 オシドリ、トビ、オオタカ、ノスリ、クマタカ、イヌワシ、ヤマドリ、キジ、キジバト、フクロウ、ヤマセミ、カワセミ、アオゲラ、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ミソサザイ、イワヒバリ、カヤクグリ、アカハラ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、メジロ、ホオジロ、クロジ、カワラヒワ、イカル、ニュウナイスズメ、カケス、ホシガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス
夏鳥 カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、ヨタカ、ハリオアマツバメ、アマツバメ、アカショウビン、ツバメ、イワツバメ、サンショウクイ、コマドリ、コルリ、マミジロ、トラツグミ、クロツグミ、ヤブサメ、メボソムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、オオルリ、サメビタキ、エゾビタキ、コサメビタキ、ノジコ
冬鳥 ジョウビタキ、ツグミ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アトリ、マヒワ、ハギマシコ、ベニマシコ、シメ
その他 イソシギ、チゴモズ、ルリビタキ、ウグイス、キクイタダキ、アオジ、ウソ


交通

■浅間:長野、群馬の県境にあるための範囲が広く、目的地により多様。自家用車が一般的である
バス JR軽井沢駅から ・バス(浅間高原)
JR長野原草津口駅から ・バス(北軽井沢、鹿沢)

■白根
バス JR長野原草津口駅 ・バス→白根火山
JR万座鹿沢駅 ・万座温泉(バス)→白根火山(万座〜白根火山冬季封鎖)

■谷川岳
徒歩 上越線土合駅から ・徒歩
ロープウエイ
(土合口駅〜天神平駅)
・徒歩