Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 東京都:神津島



代表的な鳥


カンムリウミスズメ


アカコッコ


ウチヤマセンニュウ


カラスバト

東京都:神津島村

位置 N 34°13′ E 139°09′
面積 1,848ha

環境構成


写真提供:山本裕

火山地形(島嶼)
樹林(照葉樹林、二次林)
農耕地





 東京の南方海上約 170kmに位置し、伊豆諸島のほぼ中間に位置するひょうたん型の島。中央に天上山がそびえ、島全体が峻険で平地に乏しく、特に東側は断崖絶壁となって海に落ちこんでいる。流紋岩を主体に形成され、深く入り組んだ海岸線と白砂青松が美しい景観をかたちづくっている。

選定理由

A1 カンムリウミスズメ・アカコッコ・ウチヤマセンニュウ・イイジマムシクイ
A2 カラスバト・アカコッコ・イイジマムシクイ
A4ii オーストンウミツバメ・カンムリウミスズメ

保護指定

IBAサイト名 保護区指定 面積
神津島 富士箱根伊豆国立公園(特別保護地区) 121,714ha(7,680ha)
都指定祇苗島鳥獣保護区(特別保護地区) 12ha(12ha)
神津島銃猟禁止区域 1,848ha

保全への脅威

神津島 ・植林・森林伐採
・都市開発
・外来種との競争
・外来植物の導入

保全活動

神津島 ・自然観察会の実施
・自然保護思想の普及
・生物リストの作成など

見られる鳥

(概要)

留鳥
夏鳥
冬鳥
旅鳥
迷鳥

交通

海路 東京(竹芝桟橋)から
東京(竹芝桟橋)から
伊豆半島・下田港から
空路 調布飛行場から