Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 東京都:八丈島



代表的な鳥


カンムリウミスズメ


アカコッコ


ウチヤマセンニュウ


カラスバト

写真:山本裕

東京都:八丈島八丈町

位置 N 33°06′ E 139°48′
面積 6,948ha

環境構成


写真提供:山本裕

火山地形(島嶼)
樹林(照葉樹林、二次林)
農耕地



 都心から約290km南方に位置し、高知県の室戸岬とほぼ同緯度にある。島は南東部の三原山(701m)と北西部の八丈富士(854m)という二つの火山が連なったひょうたん型をしている。また北西約7.5kmのところには八丈小島という無人島がある。
 八丈島は近くに黒潮が流れている為、冬は温暖で一年を通して雨が多く風も強い。
火山としての歴史の古い三原山には照葉樹林の林があり、一方の八丈富士には中央の火山丘に湿原がある。
 八丈小島にはアカコッコ、イイジマムシクイ、カラスバトの生息する森が残されているが、近年ノヤギの大繁殖により植生の破壊が進んでいる。

選定理由

A1 カンムリウミスズメ・アカコッコ・ウチヤマセンニュウ・イイジマムシクイ
A2 カラスバト・アカコッコ・イイジマムシクイ
A4ii カンムリウミスズメ

保護指定

IBAサイト名 保護区指定 面積
八丈島 富士箱根伊豆国立公園(特別保護地区) 121,714ha(7,680ha)
都指定八丈富士鳥獣保護区 458ha
都指定八丈三原山鳥獣保護区 580ha
都指定小岩戸ヶ鼻鳥獣保護区 227ha
八丈島三根大賀郷受領禁止区域 824ha
八丈島樫立銃猟禁止区域 14ha
八丈島中之郷銃猟禁止区域 33ha
八丈島末吉銃猟禁止区域 20ha

保全への脅威

八丈島 ・森林伐採、植林、道路の拡幅工事等による生息地の減少。
・イタチ(移入種)による鳥類の捕食。
・逃げ出したヤギによる植生破壊(八丈小島で駆除目的に捕獲された個体が逃げ出したため)。
・(長期的にみた場合)火山活動によって生息地の消失が起きる可能性が考えられる。
八丈小島 ・ノヤギの繁殖、及び食害
・植生喪失による地盤の崩落

保全活動

八丈ビジターセンター ・自然観察会の実施
・普及・調査活動

見られる鳥

 八丈島では、アカコッコ、イイジマムシクイ、カラスバトなどの地域を特徴づける野鳥の他に、本州の別亜種として、オーストンヤマガラ、タネコマドリ、モスケミソサザイ、シチトウメジロなどが生息している。オーストンヤマガラの生息域は、三原山側に限られている。ウチヤマセンニュウは近年観察されていない。

留鳥 コジュケイ、キジ、カラスバト、キジバト、アオバズク、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、コマドリ、イソヒヨドリ、トラツグミ、アカコッコ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、ハシブトガラス
夏鳥 ホトトギス、アマツバメ、イイジマムシクイ
冬鳥 ウミウ、ミサゴ、オオタカ、ノスリ、ハヤブサ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ツグミ、アオジ、マヒワ、ウソ
旅鳥 アマサギ、ゴイサギ、キアシシギ、イソシギ

交通

海路 東京(竹芝桟橋)から ・東海汽船「さるびあ丸」に乗り八丈島へ
1日1便就航(約11時間)
空路 羽田空港から ・エアーニッポン
羽田〜八丈島まで1日5便(約45分)
伊豆・大島空港から ・東邦航空ヘリコプター
大島から御蔵島経由で1日1便(約50分)