調査速報 -2010年3月15日三宅島西方沖調査-

3月15日、東京都伊豆諸島の三宅島西方沖を洋上調査しました。
結果はカンムリウミスズメを104羽確認しました。他のウミスズメ類は観察できませんでした。また大野原島では、カツオドリが22羽いました。
今期、カンムリウミスズメが百羽以上が観察できたのは初めてです。またカツオドリがこれほどいたのも、三宅島海域では珍しいです。


調査船は北洋丸。


大野原島ではカツオドリを撮影

▲調査報告 2010年一覧に戻る
▲カンムリウミスズメ保護の取り組みトップに戻る