調査速報 2010年11月13日 神子元島で人工巣を点検【動画】

調査速報 2010年11月13日 神子元島で人工巣を点検【動画】

静岡県伊豆半島の神子元島(みこもとじま)に設置したカンムリウミスズメの人工巣の点検を、11月13日に当会職員2名が渡島して行いました。このカンムリウミスズメの人工巣は、下田市と下田海上保安部の協力を得て当会が2010年9月に設置したもので、今回は初めての点検作業です。
点検の結果、10月の台風の影響なのか人工巣の表示板が倒れていたり、かぶせていた土砂が流されたりしていましたが、特に大きな問題はなく、簡単な補修をして作業は終了しました。来年2月頃のカンムリウミスズメ渡来が待たれます。
当日の神子元島には、渡りの途中らしいメジロが多数飛来していて、他にツグミ、シロハラ、マミチャジナイ、ハヤブサなども観察できました。
神子元島への渡船は、(株)伊豆下田フィッシングのみこもと丸に協力いただきました。

▲調査報告 2010年一覧に戻る
▲カンムリウミスズメ保護の取り組みトップに戻る

自然保護活動のご支援を お願いします!
  • 入会
  • 寄付