「野外鳥類学講座 in 東京港野鳥公園」のご案内

定員に達しましたので募集を締め切りました。

野鳥の観察を一歩進めて生態の調査を行ない、集めたデータを集計し、まとめていくことで鳥の暮らしの様々なことがわかってきます。野鳥のことをより身近に知ることができ、また、保護活動を進めるうえでも役に立ちます。こうした流れを学ぶために今年2月に国立科学博物館附属自然教育園で開催した講座を、今回は、創立30周年を迎え、水鳥でにぎわう東京都立東京港野鳥公園で開催します。ぜひ、ご参加下さい。

野外でテーマを探す参加者(2019年2月)
野外でテーマを探す参加者(2019年2月)

野外鳥類学講座の内容と募集要項

定員に達しましたので募集を締め切りました。

【日 時】
2019年12月13日(金)13時~12月16日(月)16時
【会 場】
東京都立東京港野鳥公園及び(公財)日本野鳥の会 西五反田事務所
【定 員】
15名
【対 象】
鳥類の調査研究をこれから行なってみたいと考えている人、実際に行なっている人。
【参加費】
15,000円(昼食代・保険料を含む。会場までの交通費・宿泊費は含まれません)
【講座の概要】
講義で、鳥類の個体数や環境選択、行動等を把握するための基本的なデータの取り方、論文にまとめるまでの流れを講義で学びます。その後、野外で各自がテーマを見つけて調査を行ない、結果を発表し合います。
・1日目 講義:野外鳥類学とは/鳥と生息環境/鳥の行動の観察/交流会
・2日目 講義:保全への応用/有意差とは?-統計の初歩/まとめやすいデータの取り方/フィールド下見
・3日目 講義:調査結果を論文として発表しよう/野外調査
・4日目 まとめ/発表
【講 師】
上田恵介当会会長(立教大学名誉教授、Strix編集長)、濱尾章二(国立科学博物館動物研究部グループ長)、金井裕(当会参与)ほか、当会職員

<申込締切> 2019年11月15日(金)
<申し込み先> ご希望の方は次の項目を記入し、Eメールcoursework@wbsj.org、またはFAX:03-5436-2635でお申し込みください。
[件 名]野外鳥類学講座申し込み
[内 容] 1.氏名(ふりがな)、2.生年月日(保険加入のため)、3.性別、4.ご連絡先(住所、電話、E-mail)
※お申し込みをいただいた方には、後日詳細なご案内をお送りいたします。
【問い合わせ先】
自然保護室 TEL:03-5436-2633(平日9:30-17:30)
E-mail:coursework@wbsj.org