森の神・シマフクロウ 次の世代へと命をつなぐ森をまもりたい

シマフクロウ 全長 約70cm 翼開長 約180cm 北海道の河畔林に生息し、河川や湖沼で魚類やカエルなどを食べる。詳しい生態はこちら

アイヌの人々に「コタン・コロ・カムイ(村を守る神)」と呼ばれ、崇められ大切にされてきた世界最大級のフクロウのなかま、シマフクロウ。

開発に伴う生息地の減少で、一時は絶滅寸前まで追い込まれたものの、関係者の地道な保護活動が実を結び、現在その数は徐々に回復の兆しを見せはじめています。

しかし、絶滅の危機から脱したわけではなく、彼らを救うためには、独り立ちした若鳥たちがつがいとなり、次の世代を残すことができる、新たな森をまもっていく必要があります。

若鳥たちの新天地が足りない

北海道の豊かな森にくらすシマフクロウは、明治時代以降の開発によって一時は100羽以下まで激減しました。国や関係者、当会の保護活動の結果、現在は約160羽まで増えており、毎年およそ30羽のヒナが巣立っています。

しかし、やがて大きくなり、親元から旅立つ若鳥たちを待ち受けているのは、生息する「新天地」となりうる森が、極めて少ないという厳しい現実です。

シマフクロウの生息地

若鳥たちは、営巣が可能な洞をもつ巨木があり、エサとなる魚が多い川に沿った、豊かな森を探して旅立ちます。

ところが、明治の開拓期や戦後の高度経済成長期に天然林の多くは伐採されて巨木がなくなり、道路の敷設が進み森が分断され、河川改修やダム建設などで川魚も減少してしまいました。

さらに、交通事故や飢えなどの危険を乗り越え、生息できる森にたどり着いても、そこが法的に守られていない民有地であれば、最近急増している太陽光発電所の建設やバイオマス発電のために、森が伐採されてしまう恐れがあります。

赤い印より右側が当会の野鳥保護区。左側は民有地。シマフクロウの生息地として確保する予定だったが、直前に伐採されてしまった

シマフクロウの数を回復させ、絶滅の危機から救い出すためには、新天地となる数少ない森をいち早く見つけ、保全することが急務です。

当会は、シマフクロウが分布を拡げつつある北海道の西部で、生息状況調査を積極的に進め、若鳥が生息している森や生息候補地を見つけだし、野鳥保護区として保全しています。

シマフクロウの個体数の推移と当会の保護活動(図及び※は環境省発表資料等による)
(画像クリックで拡大)

北海道で巨木のある森林が再生するには、300年以上の歳月が必要です。シマフクロウたちが子育てできる豊かな森は、水を貯え、地球温暖化を防止するなど、私たち人間にもさまざまな恵みを与えてくれます。野鳥と人とが共存する未来をめざして、活動を継続していきます。ご支援をお願いします。

シマフクロウと彼らがくらす森をまもるため、ご支援お願いします

ご寄付のお礼にGINZA TANAKA特製のシルバーブローチをプレゼント中!

ご寄付はこちら
※ブローチをご希望の方は、「プレゼントグッズ付き寄付」をお選びください。


新天地を目指す若鳥たちの受難


交通事故で死んだ若鳥(写真:山本純郎)

シマフクロウは川沿い約10kmにわたる範囲の森になわばりをもち、通常はつがい以外の個体の侵入を許しません。そのため、独り立ちした若鳥は新天地をめざして移動しますが、森は道路や農地などで分断されており、移動が難しく、新たな生息地を見つけられずに衰弱死したり、交通事故死する若鳥も少なくありません。

また近年では、巣立った若鳥たちがいよいよ行き場を失い、親のなわばりに留まり続けたり、他のつがいのなわばりに侵入して、子育てに影響が出てしまうケースも確認されています。

当会の取り組み

1 繁殖への期待が高まる日高地域の野鳥保護区

当会は2004年度よりシマフクロウの生息地を買い取り、現在5地域10か所に野鳥保護区を設置しています。当会が保護に関わっている13つがいから、毎年3羽程度のヒナが巣立っており、今年の夏には日高地域の野鳥保護区内に設置した給餌いけすを利用しているつがいが、2羽のヒナを巣立たせたという、うれしいニュースがありました。

餌不足を補うために設置した給餌いけすを利用する親子(左手前と右奥が幼鳥)。2羽とも育つことは珍しい

また、2017年に新たに生息が確認されたつがいをまもるため、2020年度、日高地域に55.4haの野鳥保護区を設置しました。ここには広葉樹林が残されており、今後の繁殖が期待されます。

オホーツク地域1か所、根室地域4か所、釧路地域2か所、十勝地域1か所、日高地域2か所。当会のシマフクロウのための野鳥保護区

2 新たな生息地を探し出す調査を展開

2011年度から森の中にICレコーダーを設置し、夜間にシマフクロウの鳴き声を録音することで、生息状況を把握する調査を行なっています。また、将来的にシマフクロウが生息できる森を見つけるため、森林調査や河川での魚類調査を実施し、候補地の把握に努めています。

音声調査は一冬で約10河川に機材を設置。雪がとける5月頃に回収し、その後300時間近いデータをチェックする

近年、生息エリアではなかった北海道の西部でシマフクロウの声や羽毛が確認されるようになり、若鳥たちが新たに生息していることがわかってきました。西部の生息地保全が急がれるため、2020年度に活動拠点である野鳥保護区事務所を根室市から苫小牧市に移転させ、2021年度より本格的に西部での調査と野鳥保護区の設置に力を入れています。

魚類調査は河川内に調査区画を設け、定期的に魚を捕獲して標識をつけて放し、再捕獲をして魚の密度や量を調べる

※その他の活動については「シマフクロウ保護の取り組み」をご覧ください

シマフクロウと彼らがくらす森をまもるため、ご支援をお願いします。

ご寄付はこちら