たった 20年で絶滅寸前もっとも国内絶滅に近い野鳥
シマアオジの鳴き声を聞こう

たった20年で絶滅寸前

シマアオジ

シマアオジ/スズメ目ホオジロ科(写真:松屋/PIXTA)

シマアオジは、ほっぺは黒いけれど(※オス)、ホオジロのなかま。
英名の Yellow-breasted buntingは「黄色い胸のホオジロ」の意。

日本には夏、北海道に飛来し、草原で子育てをします。
低木の枝や草にとまり、ヒヨヒヨ、ヒロヒロ、ヒーリーとさえずる姿は、
「草原の フルート奏者」として親しまれてきました。

しかし……

1990年代
シマアオジ減少が報告されはじめる
2007年
日本で最高ランクの絶滅危惧種に指定
( 環境省レッドリスト ⅠA類)
2017年
世界でも最高ランクの絶滅危惧種に指定
( IUCNレッドリスト CR)
2019年
フィンランドでの地域絶滅を報告
2020年
中国で保護動植物の一級に指定
パンダと同じ保護レベルに!

世界全体で個体数90%減
分布域は 5,000kmも後退

※1980~2013年の調査結果★より

図:シマアオジの世界分布

かつて、シマアオジは、ユーラシア大陸北部の草原で繁殖する、
もっとも個体数の多い、普通の種でした。

たった20年で、
普通にいた種がこれほど激減した例は
ありません。

【参照論文】
https://conbio.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/cobi.12537

北海道の繁殖地も激減
いまではサロベツ原野のみ

  • シマアオジ分布図 1990年 北海道
  • シマアオジ分布図 2000年 北海道
  • シマアオジ分布図 2010年 北海道
  • シマアオジ分布図 2015年 北海道
  • 図:シマアオジの生息分布1990-2015(出典:Biodiversity Center of Japan 2004a 2004b, Kawasaki et.al. 1997, H. Hikita per.com, Y, Hondo, K. Konishi per.comm, D. Odate per.comm, Shimada 2016, Y. Shimada per. comm. Tamada 2009, 2014, Tamada etal. 2014)

    2020年夏の当会調査では、シマアオジは、サロベツ原野の一部で、
    わずか21つがいを確認できただけでした。

    シマアオジは、深刻な危機にあります。
    日本で今、もっとも国内絶滅に近い野鳥です。

    シマアオジに何があったの?インタビューを聞こう

    北海道で消えていったシマアオジ

    大橋 弘一 氏
    • 野鳥 写真家
    • 大橋弘一

    「90年代半ば頃から、道東ではいなくなった場所があると聞くようになりました。」

    中国・東南アジアでの密猟

    シンバ・チャン氏
    • 日本野鳥の会 嘱託研究員
    • シン バ・チャン

    「シマアオジ激減の背景に、密猟があります。中国では『空飛ぶ朝鮮人参』とよばれ、古くから密猟、食用されてきました。」

    シマアオジを守ろう!

    今までの保護活動今までの保護活動

    国境を越えた保護活動

    葉山理事
    • 日本野鳥の会理事(前自然保護室長)
    • 葉山政治

    シマアオジは渡り鳥。

    世界を旅する彼らを守るため、日本野鳥の会では、国際連携の道を探り、保護活動を進めてきました。

    >> シマアオジの調査・保護活動の詳細はこちら

    日本野鳥の会は、シマアオジ復活のため、これからも力を尽くしていきます。
    しかし、シマアオジに残された時間は、多くはありません……

    みなさまの力を
    かしてください!

    SNSでシェア

    シマアオジを守ろうという声が社会に増えるほど、保護活動を進める大きな力となります!
    シマアオジの知名度UPのため、SNSで当ページをシェアしてください。

    日本野鳥の会に寄付

    日本野鳥の会の自然保護活動は、みなさまからのご寄付に支えられています。
    一人ひとりの力を合わせて、大きな力に。ぜひ1口1,000円の「バードメイト寄付」にご協力ください。

    • 野鳥ピンバッジ(2021版「シマアオジ」 「バードメイト寄付」のお礼に、オリジナル野鳥ピンバッジをプレゼント! 2021年度の野鳥「シマアオジ」(イラスト:武藤修)
    • シマアオジのサンクスカード 野鳥ピンバッジ「シマアオジ」にはサンクスカードを同封します。 (※2022年3月お申込みまで)
    ご寄付をもとに、2020年6月、認定NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークと協働して、
    北海道サロベツ原野の土地14.8ha を購入し、シマアオジの保護区を設置し、貴重な生息環境を恒久的に保護しています。

    ※バードメイト寄付は、シマアオジ保護活動を含む、日本野鳥の会の活動全般へのご寄付です。