Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 石川県:七ツ島

石川県:輪島市

位置 N 37°36′ E 136°54′
面積 24ha

環境構成


七つ島大島の船着場
写真提供:酒井輝夫

島嶼
草地

 七ツ島は輪島市の北方海上20kmの地点にあり、おおむね北の島群(大島、狩又島、竜島)と南の島群(荒三子島、烏帽子島、御厨島、赤島)に分れ、いずれの島も火山岩からできており、その大部分が安山岩で、一部は凝灰角礫岩である。
 最大の島は大島で周囲約1km、面積は12.6ha、海抜約62mで島の中央に無人灯台が設置されている。他の6島は面積も狭く、海面からほぼ垂直に40mほどの崖となっており容易に人を近づけない。
 狩又島以外の島は20m以上の上部が草地となっており、ススキ、ハマウド、イタドリ、ノアザミ、ノイバラが植生している。
 1970年代まで大島、荒三子島、御厨島には漁期の夏場に漁民が生活していたが現在はすべて無人島である。

選定理由

A1 カンムリウミスズメ

保護指定

サイト名 保護区指定 面積
七ツ島 国指定七ツ島鳥獣保護区 24ha
能登半島国定公園(特別保護地区)

保全への脅威

七ツ島 ・外来種(カイウサギ)の浸入
・ドブネズミの増加

保全活動

日本野鳥の会 石川 保護・調査活動 
環境省 ・七ツ島におけるカンムリウミスズメ調査(H15)
・カイウサギなどの駆除

2006年の動き

- 特になし 

見られる鳥

留鳥 ウミウ、クロサギ、ハヤブサ、ウミネコ、ハクセキレイ、イソヒヨドリ、ハシブトガラス
夏鳥 オオミズナギドリ、ヒメクロウミツバメ、カンムリウミスズメ、アマツバメ
冬鳥 ヒメウ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ミツユビカモメ、マダラウミスズメ、ウミスズメ、ウトウ
旅鳥 オオハム、シロエリオオハム、アカエリカイツブリ、 アカアシミズナギドリ、アマサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、シノリガモ、トビ、ハイタカ、ノスリ、サシバ、チゴハヤブサ、チョウゲンボウ、ヒクイナ、バン、ツルクイナ、ムナグロ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、ヤマシギ、アカエリヒレアシシギ、トウゾクカモメ、ユリカモメ、キジバト、アオバト、ジュウイチ、ツツドリ、トラフズク、アオバズク、ヨタカ、ヤマショウビン、アカショウビン、カワセミ、アリスイ、ヒバリ、ツバメ、コシアカツバメ、キセキレイ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、サンショウクイ、ヒヨドリ、チゴモズ、モズ、アカモズ、ヒレンジャク、ミソサザイ、ヤマヒバリ、コルリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ノビタキ、マミジロ、トラツグミ、カラアカハラ、クロツグミ、アカハラ、シロハラ、マミチャジナイ、ツグミ、ヤブサメ、ウグイス、エゾセンニュウ、コヨシキリ、オオヨシキリ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、キクイタダキ、セッカ、キビタキ、オジロビタキ、オオルリ、サメビタキ、エゾビタキ、コサメビタキ、ヒガラ、シジュウカラ、キバシリ、メジロ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、シマアオジ、アオジ、クロジ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、イスカ、ウソ、イカル、シメ、スズメ、コムクドリ、ムクドリ
迷鳥 ウミオウム、ワキアカツグミ

交通

飛行機 (到着空港)
鉄道 (到着駅)
バス (到着ターミナル)
自動車 (ICなど)