Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 岩手県:椿島・青松島

岩手県:陸前高田市

位置 N 38°56′ E 141°43′
面積 2ha

環境構成


椿島 
写真提供:関川 實

島嶼

 椿島は広田半島の沖約1qに位置する無人島である。青松島は椿島の西に位置する。
 椿島にはかつてヤブツバキが自生していたがウミネコの繁殖活動により消失し、島の大部分は岩場で構成されている。植生は上部にオオイタドリの群落があり、斜面にはヨモギやイネ科などの草地で樹木はない。ピ−クには灯台があり定期的に点検の為人が上陸している。
  青松島は希少種トベラやタブノキ、クロマツなどの樹木に覆われ、海沿いにはヨモギ、ラセイタソウ、イネ科の植物が見られる。毎年5月に陸前高田市でトベラの保護を目的としてウミネコの産卵数調査が実施されている。最近はウミネコの卵の間引きはない。

選定理由

A4i ウミネコ

保護指定

サイト名 保護区指定 面積
椿島・青松島 陸前高田市椿島・青松島県指定鳥獣保護区
(全て特別保護地区)
2ha(2ha)
国指定天然記念物

保全への脅威

椿島・青松島 ・ 海洋汚染
・ 餌の海洋生物の減少
・ 地球温暖化

保全活動

陸前高田市教育委員会 ・青松島でウミネコの産卵数調査


2006年の動き

保全活動
-

普及活動
-

見られる鳥

 ウミネコは、椿島の全域と青松島の一部で繁殖している。椿島では、1990年代からウミウ、オオセグロカモメも繁殖している。ゴイサギは椿島では主にオオイタドリやヨモギの根元や岩棚で繁殖する。椿島はかつてウトウ、ケイマフリの繁殖地として知られているが絶滅した。ウトウは夏期にしばしば周辺海上で見られる。

繁殖海鳥 ウミネコ、オオセグロカモメ、ウミウ
留鳥 ハヤブサ、ハクセキレイ、イソヒヨドリ
夏鳥 ゴイサギ、アマツバメ
冬鳥 アビ類、カイツブリ類、カモメ類、ウミスズメ類、海ガモ類

交通

- - -