Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 福島県・新潟県・栃木県・群馬県:奥只見・奥日光・奥利根

福島県:南会津郡南会津町・只見町・檜枝岐村、大沼郡金山町、
      耶麻郡西会津町、河沼郡柳津町
新潟県:三条市、長岡市、魚沼市、南魚沼市、加茂市、五泉市、
      南魚沼郡湯沢町、東蒲原郡阿賀町
栃木県:日光市
群馬県:沼田市、利根郡片品村・川場村・みなかみ町

位置 N 37°00′ E 139°14′
面積 313,000ha

環境構成


越後駒ケ岳と北ノ又川
写真提供:岡田成弘

戦場ヶ原・小田代原・湯ノ湖
写真提供:仲田桂祐

奥利根
写真提供:浅川千佳夫

森林
湖沼
高層湿原


■奥只見: 山岳、ブナ林、ダム湖、河川、落葉広葉樹林、スキー場
奥只見を含む新潟県魚沼地方一帯は国内有数の豪雪地帯であり、厳冬期は5mを超える積雪に覆われる。越後三山只見国定公園の中核を成す越後三山(駒ケ岳2,003m、中ノ岳2,085m、八海山1,778m)のひとつ駒ケ岳を源流とする凄烈な北ノ又川が奥只見湖に注ぐ一帯は銀山平と呼ばれ、四方を囲む急峻な山々にはイヌワシやクマタカが飛ぶ。尾瀬から注ぎ込只見川や谷あいを削りながら流れ込む数々の雪解け水が北ノ又川とともに国内最大急のダム湖である奥只見湖の豊富な湖水を維持している。奥只見湖には、イワナ(アメマス)、ヤマメ(サクラマス)などのサケ科魚類や希少種であるウケクチウグイなどの淡水魚が多数生息している。周囲の山々はブナに代表される広葉樹林が広がっている。奥只見を含む魚沼地方一帯は、ノジコの生息密度が国内で最も高い地域である。

■奥日光:栃木県の北西部に位置する、いろは坂を登った先の標高1,269mの中禅寺湖畔から、標高約1,400mの戦場ヶ原周辺、約1,500mの湯元地区にかけての一帯を中心として標高2,578mの白根山や標高2,486mの男体山など周辺山岳地域を含む地域。
この地域は山地から亜高山そして高山までと標高が幅広いため、ミズナラを中心とした落葉広葉樹林やウラジロモミ、シラビソやコメツガなどの針葉樹林など森林の変化に富む上、中禅寺湖や湯ノ湖などの湖沼、湯川やその他数多くの沢、湿原(戦場ヶ原:大部分は中間湿原)、湿原が乾燥してできた草原的な環境(小田代原)など多様な環境を含んでいる。

■奥利根:群馬県最北部地域で、利根川源流域である。新潟県との境で、日本海側気候の影響が大きく、多雪地帯で一年のうち半年以上雪のある山岳地域である。植物相は日本海側の要素であり、動物相は原生自然が残っている地域で大型哺乳類(ツキノワグマ、ニホンカモシカ等)、北方系鳥類(クロジ、エゾビタキ等)、蝶類(ベニヒカゲ等)、また水温の低い河川には水生昆虫(トワダカワゲラ等)、魚類(イワナ、カジカ等)が生息する。

保護指定

サイト名 保護区指定 面積
奥只見・奥日光・奥利根 日光国立公園
越後三山只見国定公園
大佐飛山自然環境保全地域 545ha
利根川源流部自然環境保全地域 2,318ha
尾瀬 ラムサール条約登録湿地
奥日光の湿原 ラムサール条約登録湿地
奥日光 県指定日光鳥獣保護区

保全への脅威

奥只見 ・ダム新設、増設及び林道建設
・工事がもたらす希少猛禽類(イヌワシ、クマタカ等)の繁殖への影響
・ダム湖改修に伴う水系を含む全生態系への影響
奥日光 ・人為的影響による湿原の乾燥化
・ニホンジカ高密度化の森林生態系への影響
・湯ノ湖・中禅寺湖の水質悪化
・外来植物の持ち込み、繁茂
・オーバーユース
・マガモ、ニホンザル等の野生生物に対する餌付
・マナーの悪いハイキング団体やカメラマン
・観光業者等へのマナー周知の不足
・行楽シーズンの自家用車の渋滞
・ロードキル

保全活動

奥只見
日本野鳥の会 新潟県 ・探鳥会

奥日光
日本野鳥の会 栃木 ・探鳥会の実施
日光自然博物館 ・自然観察会の実施やネイチャーガイドの派遣
日光湯元ビジターセンター ・自然観察会の実施
栃木県 ・日光市道1002号線の交通規制(一般車両乗り入れ禁止)、代替交通手段としての低公害バスの運行
環境省 ・シカ侵入防止策の設置・管理(小田代原:栃木県、戦場ヶ原)
環境省 日光パークボランティア ・パトロール、清掃活動等

奥利根
群馬県 ・群馬県奥利根地域学術調査
国土交通省 ・河川水辺の国勢調査


2006年の動き

保全活動 奥日光
オオハンゴンソウ除去作戦実行委員会 ・8月:湯元でオオハンゴンソウ除去作戦
奥日光清流清湖保全協議会 ・11月:湯ノ湖でコカナダモ除去及び湖畔清掃
環境省関東地区自然保護事務所・日光市役所日光総合支所農林課 ・2006年12月〜2007年1月:戦場ヶ原でシカ個体数調整事業(駆除)
環境省 日光パークボランティア ・主に戦場ヶ原周辺でシカ食害調査、開花調査、ゴミ拾い、雪上パトロールなど

普及活動 奥日光
日本野鳥の会 栃木 ・2・5・11月 :探鳥会
日光自然博物館 ・通年:自然観察会
日光湯元ビジターセンター ・通年:自然観察会

見られる鳥

 
奥只見
 周辺の山々ではイヌワシ、クマタカが繁殖する。オオタカ、ミサゴ、ハチクマ、ノスリ、サシバ、アカショウビン、ヤマセミ、オオルリ、キビタキ、ノジコ、ニュウナイスズメなどブナ林、山地、渓流に生息する鳥。ノジコ(アジア版RDB,Vulnerable)が繁殖している。

-


奥日光
 自然環境の多様さを反映して多種多様な野鳥が生息する。日光地方で確認された野鳥は180種近いが、この大部分は奥日光で観察されたもの。奥日光はその多くを森林が占めるために見られる鳥は森林性のものが中心になるが、戦場ヶ原や小田代原などで草原性の野鳥が湯川やその他の沢で渓流を好む野鳥なども見られる。冬季には中禅寺湖や湯ノ湖に渡来するカモ類などが見られる。

留鳥 アオサギ、マガモ、トビ、ハイタカ、ノスリ、クマタカ、ハヤブサ、ヤマドリ、キジバト、フクロウ、カワセミ、アオゲラ、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ミソサザイ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヒガラ、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、キバシリ、ホオジロ、ウソ、スズメ、ムクドリ、カケス、ホシガラス、ハシブトガラス、ハシボソガラス
夏鳥 オオジシギ、ヤマシギ、アオバト、ジュウイチ、カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、ヨタカ、アマツバメ、ツバメ、イワツバメ、ビンズイ、サンショウクイ、コマドリ、コルリ、ノビタキ、マミジロ、アカハラ、ヤブサメ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、オオルリ、サメビタキ、コサメビタキ、ホオアカ、アオジ、クロジ、ニュウナイスズメ、コムクドリ
冬鳥 ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミコアイサ、オジロワシ、オオワシ、アオシギ、キレンジャク、ヒレンジャク、ジョウビタキ、ツグミ、カシラダカ、アトリ、マヒワ、ハギマシコ、オオマシコ、ベニマシコ、シメ
旅鳥 アカエリヒレアシシギ、ユリカモメ、ノゴマ、マミチャジナイ、エゾビタキ



奥利根
 カモ科やタカ科をはじめ多種の繁殖地として重要な地域である。また移動個体の目撃種も多い。

留鳥 カワウ、ダイサギ、アオサギ、オシドリ、マガモ、カルガモ、トビ、オオタカ、ノスリ、クマタカ、イヌワシ、ヤマドリ、キジ、キジバト、ヤマセミ、カワセミ、アオゲラ、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ミソサザイ、カヤクグリ、アカハラ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、キバシリ、メジロ、ホオジロ、クロジ、ニュウナイスズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス
夏鳥 カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、コノハズク、ヨタカ、ハリオアマツバメ、アマツバメ、アカショウビン、ブッポウソウ、サンショウクイ、コマドリ、コルリ、トラツグミ、クロツグミ、ヤブサメ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、オオルリ、エゾビタキ、サンコウチョウ 
冬鳥 ホシハジロ、カワアイサ、ジョウビタキ、ツグミ、カシラダカ、ハギマシコ、イスカ、ベニマシコ
その他 ミサゴ、チョウゲンボウ、イソシギ、アオバト、ルリビタキ、ウグイス、キクイタダキ、アオジ

交通

奥只見
自動車 関越自動車道
小出I.C.
・湯之谷、銀山平方面に向かう。奥只見シルバーラインの長いトンネルをいくつも通りぬけ、途中で右折すると約50分で銀山平に至る。11月から4月下旬頃までは多積雪のため通行不能。

奥日光
バス JR日光駅または東武日光駅から ・東武バスー奥日光
(中禅寺温泉駅まで約40分、湯元温泉まで1時間15分)
自動車 東北自動車道
宇都宮IC
日光宇都宮道―清滝IC―国道120号線―奥日光
関越自動車道
沼田IC
・国道120号線―金精道路―奥日光

奥利根
バス 上越線水上駅 ・バスで藤原方面へ
・矢木沢ダムへの公共交通手段は無い。また奥利根湖があるため、そこから先へは一般には入れない。