Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 東京都:御蔵島



代表的な鳥


アカコッコ


カンムリウミスズメ


ウチヤマセンニュウ


カラスバト


オオミズナギドリ

東京都:御蔵島村

位置 N 33°52′ E 139°36′
面積 2,058ha

環境構成


写真提供:山本裕

火山地形(島嶼)
樹林(照葉樹林、二次林)




 東京から南南東に約200km、三宅島から南南東に約19kmにあり、御山(33°52.5'N、139°36.1'E、851m)を島頂とする直径5km、周囲16kmのほぼ円形の小さな火山島である。
 島の周囲は黒潮に削り取られ海岸線は海食壁で囲まれて砂浜はない。島の約半分が椎の原生林で構成されており、日本の巨樹の4.9%がこの島にある。北方系と南方系の植物が共存する得意な植生をもっており、山頂から標高450mくらいまでは高山系植物が自生している地域もあり、標高350m以下では南方系の植物が繁茂している。
オオミズナギドリの世界有数の繁殖地で、約200万羽が繁殖していると言われている。

選定理由

A1 カンムリウミスズメ・ミゾゴイ・アカコッコ・ウチヤマセンニュウ・イイジマムシクイ
A2 カラスバト・アカコッコ・イイジマムシクイ
A4ii オオミズナギドリ・カンムリウミスズメ

保護指定

IBAサイト名 保護区指定 面積
御蔵島 富士箱根伊豆国立公園(特別保護地区) 121,714ha(7,680ha)
都指定御蔵島鳥獣保護区(特別保護地区) 618ha(252ha)

保全への脅威

御蔵島 ・道路の拡幅等による森林伐採
・有害鳥獣駆除事業(オオミズナギドリ対象)
・落石防止の金網(都道沿い)でのオオミズナギドリの斃死

保全活動

東京都 御蔵島エコツーリズム事業
「巨樹の会」 植生回復事業とモニタリング

見られる鳥

 御蔵島では、アカコッコ、イイジマムシクイなどの地域を特徴づける野鳥の他に、本州の別亜種として、オーストンヤマガラ、タネコマドリ、モスケミソサザイなどが生息している。また、オオミズナギドリの国内最大の繁殖地となっている。また、伊豆諸島では分布が限られているウチヤマセンニュウが、山頂付近の湿原で繁殖している。

留鳥 トビ、コジュケイ、カラスバト、コゲラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、コマドリ、イソヒヨドリ、アカコッコ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラス
夏鳥 オオミズナギドリ、ホトトギス、ツバメ、ウチヤマセンニュウ、イイジマムシクイ
冬鳥 ウミウ、ノスリ、ウミネコ、ハクセキレイ、タヒバリ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、ヒガラ、アオジ、マヒワ、ウソ
旅鳥 カツオドリ、キレンジャク、キセキレイ

交通

海路 東京
(竹芝桟橋)から
・東海汽船「さるびあ丸」に乗り御蔵島へ
週6便就航(約7時間30分)
22:30出航、翌朝06:05御蔵島到着
空路 大島空港から ・東邦航空のヘリコプター「東京愛らんどシャトル」が1日1便運航
(大島から約30分・八丈島から約25分)