Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 東京都:火山列島



代表的な鳥


アカコッコ


イイジマムシクイ


ウチヤマセンニュウ


カラスバト

東京都・小笠原村火山列島

位置 N 24°47′ E 141°19′
面積 3,255ha

環境構成


南硫黄島
写真提供:小笠原自然文化研究所

火山地形(島嶼)



 硫黄列島は別名火山列島とも呼ばれ小笠原群島とは火山脈が異なるため今でも火山活動が活発である。東京から南へ約1,200kmの太平洋上に連なり北硫黄島、硫黄島、南硫黄島の3島からなる。硫黄島は面積約23.16ku、最大標高約169mの平坦な地形の島であるが、南硫黄島は面積3.54ku、最高峰918m、北硫黄島は面積5.57ku、最高峰792mと海上からそそり立つように崖が続く急峻な地形である。
北硫黄島は戦前に人が居住した歴史があるが、第二次世界大戦後無人島化した。硫黄島は戦後も米国沿岸警備隊が常駐し、返還後は自衛隊が常駐している。先の大戦では激しい戦闘となり島のほとんどが焦土と化し、現在はギンネム林が多くを占めている。島の北部には小笠原諸島では珍しい天然の池沼がある。南硫黄島は居住の歴史がなく人の手が及ばなかったため島全体が天然記念物と原生自然環境保全地域に指定されている。

選定理由

A2 カラスバト
A4ii クロウミツバメ・アカオネッタイチョウ

保護指定

IBAサイト名 保護区指定 面積
火山列島 小笠原国立公園
(特別地域、特別保護地区)
6,099ha
(北硫黄島にあり))
南硫黄島原生自然環境保全地域 367ha

保全への脅威

火山列島 ・外来種(クマネズミに代表される外来動物及び植物)
・漁業による混獲

保全活動

・東京都
・小笠原自然文化研究所
・小笠原諸島における海鳥の分布調査(2001)

2006年の動き

- 特になし

見られる鳥

 硫黄列島では陸鳥は非常に少ないが、メジロ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ウグイス、アカガシラカラスバトなどが記録されている。硫黄島では移入されたキジ、コジュケイも見られる。
 海鳥は南・北硫黄島でカツオドリ、アカオネッタイチョウなどが繁殖しており、返還後南硫黄島では、シロハラミズナギドリやクロウミツバメの繁殖も確認されている。
 またアカオネッタイチョウの日本における最大の繁殖地となっている。硫黄島の属島監獄岩では最近になってクロアジサシに混じりヒメクロアジサシが繁殖しているのが確認された。

留鳥 イソヒヨドリ、メジロ、ヒヨドリ、ウグイス、カラスバト、カワラヒワ、(移入)キジ、コジュケイ
海鳥 カツオドリ、オナガミズナギドリ、クロアジサシ、ヒメクロアジサシ、クロウミツバメ、シロハラミズナギドリ
旅鳥 ムナグロ、キョウジョシギ、アマサギ、コサギ、アオサギ、バン

交通

現在、一般者が渡航できる手段はない。