チュウヒの過去・現状・未来

 チュウヒは、本州では主に干拓地や大きな川の河口部に広がるアシ原で繁殖し、北海道では河川以外にも、勇払原野などの広い湿原で繁殖します。国内では現在、チュウヒは局所的に繁殖しているのみで、繁殖個体数が非常に少ない鳥です。

 平安時代には「つぶり」または「つふり」として、チュウヒと推測される鳥の記録があり、江戸時代からは「ちうひ」として、確実に存在が記録されています。当時の資料からは繁殖していたかどうかは分かりませんが、日本には古くからチュウヒがいたことは確かなようです。
 大正14年に書かれた図鑑では、チュウヒは日本では数が少なからざる鳥であると述べられています。この時点でも、繁殖か越冬か、または留鳥のことなのかは分かりません。昭和15年の図鑑では、チュウヒは北海道で繁殖または越冬し、本州は皆、越冬地であると述べられています。
 このように、戦前の記録があまりないため、特に本州では、昔はたくさんのチュウヒが繁殖していたのか、それとも昔から少なかったのかは分かりません。まだ多くの湿地が残る北海道では、今も昔もチュウヒが比較的多く繁殖していたと言えそうです。

 戦前の日本では、大きな河川の河口にはアシ原が発達し、湿地は今よりも面積が大きく、数も多かったのですが、チュウヒが生活しているような湿地は役に立たず、平坦で開発しやすい土地として、戦後は埋め立ての対象となっていきました。また、河川敷のアシ原も、運動公園などに利用するために改変されていきました。戦後は、本州で繁殖するチュウヒの多くは干拓地でみられるようになりましたが、単純に考えると、原生の湿地環境が減ったために、代替地として干拓地を利用するようになったのではないのかと考えられます。

 日本で繁殖しているチュウヒの個体数は、環境省のレッドデータブックでは数十羽程度といわれています。また、2006年に愛知県支部・三重県支部主催、当会共催で、名古屋で行なわれたチュウヒサミットでは、国内で繁殖するチュウヒのうちで確実な記録のあるもので30~40つがい前後ではないかと推測されました。これは、もっとも絶滅が危惧されるイヌワシやクマタカの生息個体数よりも少ない数になっています。

現在知られているチュウヒの主な繁殖地

  1. 北海道・サロベツ原野
  2. 北海道・石狩川下流域
  3. 北海道・勇払原野
  4. 青森県・仏沼
  5. 秋田県・大潟村
  6. 石川県・河北潟
  7. 三重県・木曽岬干拓地
  8. 大阪府・堺市
  9. 山口県・宇部市
  10. 福岡県・北九州市

 かつてチュウヒが繁殖していた山口県の阿知須干拓地では、スポーツ公園の整備などにより繁殖地が失われ、現在は繁殖がみられなくなりました。
 三重県では、2006年より木曽岬干拓地の環境整備事業がはじまりました。それにともない、チュウヒの採餌場所が減少するため、代償措置として約50haの保全区を設け、チュウヒ3つがいの繁殖を目指しています。しかし、400ヘクタール以上で 3つがいが繁殖していたのを、わずか50haの保全区と事業の対象外の土地だけで、今までと同じように繁殖ができるのか、多くの人が疑問に思っています。
 また、少なくとも2006年までチュウヒが 5つがい以上繁殖している苫小牧の勇払原野では、2003年頃から試験栽培のために大規模な畑地化が行なわれていますし、大規模な工業誘致の計画も常に存在します。そのことが今後、チュウヒの繁殖にどのような影響を与えるか心配されています。

 大阪や北九州では、つい最近になってチュウヒが繁殖するようになったということが確認されており、このように新しく生まれる繁殖地もわずかながらあるようです。
 しかし、それでもチュウヒは常に開発の危機にさらされやすい環境に生息していることには変わりはなく、彼らにとっては決して明るい未来が待っているわけではなさそうです。

 チュウヒの現状をみてみると、常に注意していなければ、今よりも繁殖個体数を減少させてしまう可能性があります。今後はチュウヒの繁殖地でいろいろな調査を行ない、チュウヒが健全に繁殖していくためには、どのような環境や条件を要求するのか知ることが必要でしょう。

勇払原野を舞うチュウヒ。いつまでもこんな環境を守っていきたい。