2018年度「みまもって!ナベヅル・マナヅル」

 秋も深まり、ナベヅル、マナヅルの渡来時期になりました。
 日本はこれらのツルの世界最大の越冬地ですが、かつて国内各地にあった越冬地はほとんど消滅し、鹿児島県出水市での集中化が長年の課題になっています。
 越冬地の復元・保全のため、国内の主要な渡来地がある11県で、狩猟登録者や住民、行政等の皆さまにチラシ、ポスターを配布し、ツルが飛来した場合の協力を呼びかけました。配布は、各県にご協力いただきました。
 皆さまもツルを見かけた際には、下記の注意事項にご協力をお願いします。

※チラシを印刷したい方は、画像をクリックしてください。

チラシ
A4版チラシ(PDF:766KB)

自然保護活動のご支援を お願いします!
  • 入会
  • 寄付