ナベヅル・マナヅルの越冬地保全の取り組み

ナベヅル・マナヅルの越冬地保全の取りくみ

ナベヅル・マナヅルは、20世紀はじめまで日本全国の里地で越冬していましたが、現在は西日本の一部の地域でしか見られなくなってしまいました。また、鹿児島県出地方に世界の8~9割のナベヅル、5割前後のマナヅルが集中しているため、伝染病が発生した場合に病気が一気に蔓延し、そのまま絶滅につながってしまうことも危惧されます。
日本野鳥の会ではナベヅル、マナヅルの越冬地の分散と生息環境である農地の生物多様性の保全のため、越冬環境の保全・復元事業を行っています。

更新情報