初心者向け野鳥撮影相談室【野外編】を開催します

「野鳥にピントが合いにくい」「飛んでいる野鳥を撮影すると野鳥が暗く写る」「どのモードで撮影したらよいか分からない」等、野鳥撮影を始めたばかりの方のお悩みに、野外で実際に野鳥撮影をしながらお答えします。
講師は、当会レンジャーで野鳥撮影歴25年以上の、掛下 尚一郎です。

開催概要

日時

2021年12月4日(土)各回定員10名
【午前の部】 9:15~12:15
【午後の部】 13:00~16:00

内容(予定)

最初に参加者の皆さまが普段抱えている悩みをお聞きします。その後、野外で実際に野鳥を探しながら撮影し、適宜アドバイスします。

場所

東京港野鳥公園(ネイチャーセンター集合)

  • 入口から集合場所のネイチャーセンターまでは、徒歩約10分ほどかかります。
  • 入園料は別途、当日入口受付でお支払いください。
  • 東京港野鳥公園ホームページ
参加費

1人4,000円
当選者には、メールをお送りします。メールに記載されたURLから決済ページにアクセスしていただき、11月30日(火)までにクレジット決済をお願いします。

申し込み方法【抽選】

下記の項目をご記入の上、11月21日(日)までにメールにてお申し込みください。
11月24日(水)までに抽選結果をお知らせします。

申し込み先:shop-mail@wbsj.org

件名:【12/4】野鳥撮影相談室【野外編】
1)氏名:
2)年齢:
3)連絡先メール:
4)参加希望時間:午前の部 or 午後の部
5)使用機材【          】
6)写真撮影歴 約【  】年
7)野鳥観察歴 約【  】年
8)野鳥撮影歴 約【  】年
9)相談や質問したいこと(簡単で構いません)

お願いとお知らせ事項

  • 新型コロナウィルスの状況で中止する場合がございます。予めご了承ください。
  • 今、お使いの機材をお持ちください。
  • 「サンコウチョウを撮影したいけど、どこに行けば撮影できる?」等、特定種の野鳥撮影場所の質問にはお答えできない場合があります。
  • 当日の様子を撮影させていただき、今後の広報等に使用する場合がございます。撮影されることが難しい場合は、当日スタッフにお申し出ください。

講師プロフィール

講師、掛下 尚一郎

掛下 尚一郎

当会「横浜自然観察の森」担当レンジャー。
幼少のころから生きもの好きで小学生のとき写真にものめりこむ。
以来、生きものを主な被写体に撮影。そのスキルを活かし施設展示や広報媒体などで作品を活用。

「こんにちはスズメ」、「ようこそツバメ」(日本野鳥の会発行)、「OM-D 野鳥写真9人展」(オリンパス)などでも作品を発表。
日本自然科学写真協会会員。