Important Bird Areas in Japan
Important Bird Areas in Japan -翼が結ぶ重要生息地ネットワーク-

IBAサイト詳細 岩手県:日出島

岩手県:宮古市

位置 N 39°40′ E 141°59′
面積 8ha

環境構成


日出島 
写真提供:関川 實

森林
島嶼


 宮古市日出島漁港の沖約1qに位置する無人島である。周囲は崖に囲まれた台地状の島で、急傾斜地は地中営巣性海鳥の繁殖地となっている。島内はミズナラ、シナノキ等の広葉樹に広く覆われ、一部にアカマツやスギもある。林床は中央部をヤダケが広く覆い、北部の東斜面はオオイタドリ、西斜面や南部かけてはオオバジャノヒゲに広く覆われていたが、裸地が目立つようになった。1980代後半からオオミズナギドリの増加に伴い植生変化が急速に進んでいる。クロコシジロウミツバメが営巣するオオバジャノヒゲの激減、倒木の増加などである。土砂の流失も発生している。

選定理由

A4ii クロコシジロウミツバメ

保護指定

サイト名 保護区指定 面積
日出島 国指定日出島鳥獣保護区(全て特別保護地区) 8ha(8ha)
国指定天然記念物

保全への脅威

日出島 ・ウミツバメ類の営巣地となるオオバジャノヒゲの減少
・オオミズナギドリの増加
・ドブネズミの侵入 
・ヤダケの増加
・餌の海洋生物の減少
・島周辺の延縄漁、刺し網等
・PCBや環境ホルモンなどの海洋汚染
・重油流失等の海洋事故
・海鳥の繁殖期に釣り人などの上陸

保全活動

環境省宮古自然保護官事務所  ・繁殖期の巡回
・保護のための施策の実施検討中
山階鳥類研究所 ・標識調査 
・クロコシジロウミツバメ繁殖地の保全活動

2006年の動き

保全活動
-
普及活動
-


見られる鳥

 国内、唯一のクロコシジロウミツバメの繁殖地であるが、最近、夜間に島に飛来する個体数は激減し巣穴はほとんど確認できない状態である。島全域がオオミズナギドリの繁殖地に変わりつつある。コシジロウミツバメも少数繁殖していたが減少している。1972年に島近くの海上でウミスズメの幼鳥が確認されているが、現在も夏期に周辺海上で見られることがある。1995年からオオセグロカモメの繁殖を開始し、2001年にはゴイサギのコロニ−ができた。2003年にはカワウの塒が確認されている。

繁殖海鳥 クロコシジロウミツバメ、コシジロウミツバメ、オオミズナギドリ、オオセグロカモメ
留鳥 ウミネコ、ウミウ、ハヤブサ、トビ、ハクセキレイ、ウグイス、カラス類
夏鳥 ミズナギドリ類、ゴイサギ、ミサゴ、アマツバメ、メジロ
冬鳥 カイツブリ類、カモメ類、ヒメウ、シノリガモ、クロガモ、ハギマシコ

交通

- - -