渡邊野鳥保護区温根内 (わたなべやちょうほごくおんねない)

タンチョウ保護のための野鳥保護区
北海道鶴居村 24.1ヘクタール

2006年、釧路湿原国立公園に隣接していながら法的な保護指定がなされていなかった、釧路湿原に流れ込むオンネナイ川流域に広がる湿原 24.1ha を渡邊士乃武氏のご寄付をもとに買い取った。この野鳥保護区周辺で 1 つがいのタンチョウが繁殖している。また、上流域には 1990 年設置の「早瀬野鳥保護区温根内」、1993 年設置の「古山野鳥保護区温根内」が位置する。この3つの野鳥保護区周辺では 2 つがいが繁殖している。「早瀬野鳥保護区温根内」では、 1999 年よりヨシ原の復元事業を進めた結果、2002 年から再び繁殖をはじめた。

写真
釧路湿原に流れ込むオンネナイ川流域に広がる湿原。
上流部には、古山野鳥保護区と早瀬野鳥保護区がある。

隣接する野鳥保護区