保護への取組み

 当会では平成19年度より、絶滅の恐れのある種(レッドデータ種)の現状について情報を収集するとともに、従来からあまりデータのない特定種の生息分布や繁殖状況、生息環境等に関して、会員や支部の皆様にも協力を呼びかけながら、調査することにしました。この特定種としてチュウヒの情報収集と調査を行ないます。
 チュウヒは従来、絶滅危惧Ⅱ類の鳥でしたが、2006年12月に発表された環境省のレッドデータリストでは絶滅危惧ⅠB類とされ、近年はさらに生息状況が悪化したとされています。絶滅危惧ⅠB類の鳥は他にクマタカ、イヌワシ、オジロワシが含まれ、近い将来における野生での絶滅の危険性が高い鳥です。

 チュウヒは局所的に、全国の干拓地や河口、湖沼岸などの湿地に広がるヨシ原を主な生息地としていますが、そのような環境は都市開発の影響を受けやすく、本来の生息地は非常に減少しています。近年、特に本州以南では、干拓や埋め立て後に利用されなくなった土地にヨシが成育し、営巣地となっている例がみられます。しかし、そういった場所は将来、何らかの形で再開発される可能性が高く、また、植生の遷移が進むと生息に不適な環境となってしまいます。そのため、私達が常に注意していないと、さらにチュウヒの繁殖個体数を減少させてしまう可能性があります。
 チュウヒの生息地を守るためには、彼らがどのような環境を好むのかを知らなければなりませんが、それらはまだ一部地域でしか調べられておりません。また、北海道のチュウヒは本州で多い干拓地等とは違い、自然の湿地や草地に生息するなど、地域によっても生息場所の状況が違います。このように、チュウヒの生息環境についての国内の資料が充分ではなく、さらに情報を集めていかなければなりません。情報収集については、皆様のお力が必要ですので、ぜひご協力願います。


繁殖つがい数が多い勇払原野・弁天沼上空を舞うチュウヒ。

この取組みで目指すもの

 国内で繁殖するチュウヒは数十つがいと推測されましたが、まだ一般には知られていない繁殖地も存在するのではないかと考えています。基礎的な情報を整理するために、まずはアンケートによって、全国の繁殖分布について調査を行ないます。
 そして、現在すでにチュウヒの保護について取り組んでいる支部に対して支援・協力を行ない、チュウヒの生態等の情報収集や取りまとめに努めます。
 さらに、アンケートで分かったチュウヒの繁殖地がどのような生息環境か、また、チュウヒの増減に変化のあった場所について、環境にはどのような変化があったかなどを、GIS(地理情報システム)やリモートセンシングおよび統計学的手法などを利用し、その概要について調べていくことを目指します。