プレスリリース:「ツバメの見守りありがとう」全国16の団体に感謝状を贈呈

2021年6月3日

(公財)日本野鳥の会は、2021年5月31日(月)~7月10日(土)に、全国16の団体にツバメの見守りに関して感謝状を贈呈します。


京王電鉄(株)でのツバメの見守りのようす

道の駅 飯高駅(三重県)でのツバメ見守りのようす


ツバメの現状

ツバメ
ツバメ

ツバメは春から夏に日本で子育てをし、秋になると東南アジア方面に帰っていく渡り鳥です。日本では古くから「ツバメが巣を作ると縁起が良い」と言われ、商売繁盛のシンボルや害虫を食べる益鳥としてツバメを歓迎してきました。

しかし近年は、農耕地の減少によりエサがとれる環境が減っていることや、現代風家屋が増えて巣が作りにくくなったことなどから、ツバメが子育てをできる環境が減少しています。また特に都市部においては、不衛生を理由に、人によって巣が落とされたり作らせなかったりするケースも増えていると考えられています。

感謝状贈呈について

日本野鳥の会では、この先もツバメと人との共存が続くことを願い、2019年度からツバメの巣や生息環境を温かく見守っている団体に感謝状を贈呈しています。ツバメを守る取り組みや感謝状の贈呈について、多くの方に知っていただくことで、社会にツバメを見守る輪を広げていきたいと考えています。

2021年度は、全国の当会支部等連携団体から贈呈先を推薦してもらい、9都府県16の団体に贈呈を決めました。

京王電鉄株式会社への贈呈

全国の贈呈に先駆け、5月31日(月)に、京王線高幡不動駅にて京王電鉄株式会社(東京都多摩市)に、当会副理事長より、感謝状を贈呈しました。

京王電鉄(株)への感謝状贈呈のようす

京王電鉄(株)への感謝状贈呈のようす(写真左:南澤佳宏 京王西管区 管区長、中央左:小野間明 営業掛、中央右:狩野清貴 日本野鳥の会副理事長)

選定理由

京王電鉄株式会社では、2014年度からツバメが巣作りをする春から初夏にかけて、駅の設置可能な箇所に、ツバメのフン受け板を設置し、子育てを見守っています。

駅を利用されるお客さまの中には、毎年、この時期の風物詩として楽しみにしている方もおられ、「巣を撤去せずにありがとうございます」という御礼のお言葉をいただいたこともあるといいます。

贈呈を受けたコメント/南澤佳宏 京王西管区 管区長

「この度の表彰を喜ばしく思っております。これまで、ツバメのフンがお客さまや施設の床に落下し、ご迷惑をおかけしないこと、また、ツバメの住環境にも配慮した生物多様性施策の一環としてツバメの子育てを見守ってきました。引き続き利用者の皆さまには、フンなどで迷惑をおかけせず、また喜んでいただけるように心掛け、来年以降も継続して取り組んでいきたいです。」

2021年度の贈呈先一覧

詳細は、(公財)日本野鳥の会ホームページにも掲載しています。

所在地 贈呈先 贈呈日※予定 選定理由
東京都 京王電鉄株式会社 2021/5/31(月) 京王線・井の頭線の駅で作られたツバメの巣にフン受け板を設置し、子育てを見守っている。
石川県 ゆわく温泉 かなや 2021/6/3(木) 旅館の入口付近に例年10以上の巣が作られ、フンよけの傘を吊るし、「繁栄の象徴」として大切に見守っている。
中日本高速道路株式会社金沢支社 金沢保全・サービスセンター 2021/6/3(木) 10年以上前から北陸自動車道尼御前サービスエリア上り線のトイレ入り口の屋根にツバメの巣が作られている。フン受けを設置して見守っている。
長野県 道の駅 田切の里 2021/6/22(火) 西側の壁に巣が作られている。「人が多い場所を好む鳥なので嬉しい」「ツバメもお客様」として、段ボールのフン受けを設置し見守っている。
三重県 道の駅 飯高駅 2021/6/10(木) 道の駅の壁にツバメが巣を作り、フン受けや注意看板を設置して、子育てを見守っている。
大阪府 阪急電鉄株式会社 箕面駅 2021/6/15(火) 20年以上前から改札の手前や駅構内にツバメが巣を作り、フンよけを取り付け、見守っている。
テレビ大阪株式会社 2021/6/18(木) 駐車場に巣作り。2016年4月に初飛来し、今年で6年目。当時の社長の判断で保護を決め、警備員や社員によって温かく見守られている。
豊中不動尊 2021/7/10(土) フンよけや注意看板を設置し、見守っている。Youtubeチャンネルからツバメの巣のライブ配信が視聴できる他、ツバメに関する講演会を開催。
鳥取県 道の駅 奥大山 2021/6/6(日) 昨年は50個程巣作り。お客さんから「商売繁盛のツバメを大切に」と意見があり、頭上注意の看板を設置し、見守っている。
道の駅 大山恵みの里 2021/6/6(日) ハートフル駐車場や、駐車場から売店・レストランへの通路の屋根にツバメの巣が10数個あり、温かく見守っている。
岡山県 鷹取醤油株式会社 2021/6/15(火) 醤油蔵の隣にある販売店「燕来庵(えんらいあん)」では、ツバメが店の中まで出入りし、社員全員で大切に見守っている。
愛媛県 ローソン道後ハイカラ通店 2021/6/3(木) 店頭看板「LAWSON」の「L」の明かりが消えていたが、そこにツバメが巣を作ったため、修理をせず、照明を消したまま子育てを見守った。
有限会社空港タクシー 2021/6/3(木) 駐車場の天井にツバメが巣を作り、フンよけの傘をぶら下げて子育てを見守っている。
有限会社森松交通 2021/6/3(木) 駐車場に10年程前からフンよけの傘をぶら下げて子育てを見守っている。巣が多いため、近所に不要の傘の提供を依頼している。
福岡県 中原釣具 2021/6/3(木) 本店、支店の2店舗で、釣り餌の保管場所に各40~50個程の巣がある。フンよけの傘を設置し、スタッフと常連のお客さんで見守っている。
FISHINGなかはら 2021/6/3(木)

2019年度、2020年度に日本野鳥の会から、ツバメに関する感謝状を贈呈した団体

所在地 贈呈先 贈呈年度
東京都 有限会社 髙橋自動車整備工場 2019年度
神奈川県 有限会社 コーワエステート
マッサージ・はり灸・整体 ALPHA~アルファ~
合資会社 中村電気商会
焼鳥日高 小田急相模原サウザンロード店
栃木県 株式会社ネクスコ・メンテナンス 関東宇都宮事業所
日本ロード・メンテナンス株式会社 宇都宮事業所
東京都 株式会社 聖林公司 2020年度
山梨県 中日本高速道路株式会社 八王子支社 大月保全・サービスセンター
岡山県 映画館 シネマ・クレール丸の内
奥津湖総合案内所 みずの郷奥津湖

日本野鳥の会 組織概要

組織名 :公益財団法人 日本野鳥の会(会員・サポーター 約5万人)
代表者 :理事長 遠藤孝一
所在地 :〒141-0031 東京都品川区西五反田3-9-23 丸和ビル
URL   : https://www.wbsj.org/

問い合わせ先

(公財)日本野鳥の会
〒141-0031東京都品川区西五反田3-9-23 丸和ビル
担当:普及室 堀本、江面
E-mail:shitsumon@wbsj.org
TEL:090-5332-5363(平日10-17時)


本プレスリリースのPDF版はこちら/817KB