2019年度改訂版「ツバメのねぐらマップ」を発行しました

春から夏に人家の軒先などで子育てをするツバメ。子育てを終えた親ツバメや巣立ったあとのツバメは、河川敷のヨシ原などに集まり「ねぐら」をつくるようになります。その規模は、数千から数万羽にもなります。

当会では、2019年度改訂版「ツバメのねぐらマップ」(B2判/裏表カラー、8つ折り)を発行しました。全国32か所のツバメのねぐらの場所やピークの時期、見どころのほか、ツバメの1年を通した生活史や、ツバメのねぐらについての解説も掲載しています。
2015年に発行した「ツバメのねぐらマップ」からねぐらの掲載数を増やし、ツバメの解説を充実させました。

申込みは、以下の専用サイトから受け付けています。

【PC・スマホの方】
【携帯の方】

※尚、申し込みが多い場合、お届けまで時間がかかる場合もございますがご了承ください。

全国「ツバメのねぐら入り観察会」のご案内