『野鳥』誌バックナンバー 1972年

1972年1月号(No.304)


表紙:加山又造

◆小鳥日記
 渋沢秀雄
◆唐土の鳥(上)
 ほその・ぜんき
◆カワセミとトンボと人間と品田穣
◆季節の鳥(1) タシギ
 高野伸二
◆釧路へクロヅル二羽飛来
 釧路支部
◆野鳥の誘致・2
 竹内正高・藤本幸也・梶谷英三・宮田暉郎・荻野豊
 ・谷口育英・矢代操・関谷淳・阿佐部淳・宮田清・竹入保郎・武井修一・藤井徳爾
 ・高倉淳・山下勝三・山崎清司・下山喜太郎・松木勝彦・小海義明・滝川魚子・高井英四郎
 ・佐藤清一・森脇悦夫・太田政之・高島謙治・田村萱山・佐伯彰光
◆当会新事務所案内図
◆ヒメイソヒヨの初の記録
 小島聰
◆阿寒町のクロヅル
 小宮輝之
◆本年度の表紙画について
 村田勝四郎
◆図鑑について
 荻野豊
◆当会財団基金御寄付芳名録(2)
◆昨年度のタンチョウの死二十羽
 悟堂生
◆日本産鳥類の目録
◆会費納入お願いとバッジ
◆初心のお方に
◆後記

1972年2月号(No.305)


表紙:加山又造

◆自然挽回の姿勢について
 神田学忠
◆唐土の鳥(下)
 ほその・ぜんき
◆庭の鳥たち
 相川成史
◆デンマークのカモメとドイツのカモメ
 土屋文男
◆こんなのは如何?
 烏賀陽貞子
◆支部報たちよみ
 ミサゴ保護対策委員会発足
◆消えようとする悪田のアシ原
 長谷川和正・小林成光
◆四日市にて(絵と詩)
 城米彦造
◆ウよ!おまえ達は何処へ行く
 小山田静男
◆三方ヶ峰を旅して
 唐沢孝一
◆佐賀県に飛来したオオワシ
 手塚静雄
◆鳴く虫雑記(9)
 松浦一郎
◆キイロスズメバチの巣をヒガラが利用
 星野重雄
◆沈黙の秋がしのびよる
 山口正信
◆兵庫県でのイヌワシの繁殖例
 重田芳夫・阿部明士
◆猿賀神社の鳥全滅
 小山信行
◆サンショウクイの繁殖観察記
 勝野力
◆書信 藤井房子氏より
◆ジュウイチを育雛するルリビタキ
 高橋節蔵
◆支部の横顔(1)
 ●福井支部
  中林良介
 ●東京支部
  川田潤
 ●佐渡支部
  佐藤春雄
 ●長野支部
  細野哲夫
◆全国鳥だより(12・上)
 一九七〇冬~七一年春(上)
◆関東地方のミヤマホオジロ、他の記録
 川内博
◆質問 ピーナッツを糸でつなぐには
 文責=編集部
◆バードテーブルの御申込は
◆後記

1972年3月号(No.306)


表紙:加山又造

◆ライチョウと自然の破壊
 千羽晋二
◆続・失われる北海道の原野
 田代沼太郎
◆季節の鳥(2) コミミズク
 高野伸二
◆行政監察庁からのアンケートへ回答
 市田則孝
◆カイツブリの器物説・ほか
 ほその・ぜんき
◆己れが姿に挑戦するジョウ
 ビタキ いつまで尾を引く
 誤称ブッポウソウ
 岩原玖々
◆ひとごころやすらに住める島
 真鍋礼三
◆井の頭の生活二十年
 田原淑生
◆鳥の全長とは?
 倉持内武
◆トラツグミの営巣
 小林健治
◆金沢市の秋のヒヨドリの渡り
 新妻博
◆新潟で白化スズメ・エトピ
 リカとアマサギの渡来・夏山におけるクイナの記録
 風間辰夫
◆夏の根室半島でツノメドリ
 小沢典夫
◆ハクセキレイ観察のお願い
 真野徹
◆釧路のツルについて
 悟堂生
◆支部の横顔(2)
 ●大阪支部
  藤原広蔵
 ●宮崎県支部
  鈴木素直
◆埼玉県埼北支部設置
◆全国鳥だより(12・下)
 一九七一年冬から春(下)
◆三島池で感じたこと
 河原啓
◆天竜川最上流でコアジサシ
 繁殖
 宮崎学・増田保夫
◆当会財団基金御寄付芳名録(3)
◆会告1 十月号を全誌写真
 特集号に(写真募集)
◆会告2 全国鳥だより(13)の原稿募集
◆事務局だより
◆消息 老田敬吉氏
◆老田敬吉さんのこと
 丹羽宏
◆当会第18回全国大会予告
 名古屋支部担当
◆後記

1972年4月号(No.307)


表紙:加山又造

◆オホーツクに鷲を写す
 戸川幸夫
◆石油漬けの鳥の救助法
 石弘之
◆狩猟の一大転記
 中西悟堂
◆前号の訂正
◆季節の鳥(3) オナガ
 高野伸二
◆キノコの中毒(1)
 本山久平
◆山形・温海町でコシアカツ
 バメの秋の渡り
 佐藤彰
◆早春の赤久縄山
 卯木達朗
◆老田さんのことども
 古賀正
◆鳥信一括
 ●沖縄・宮古島におけるサシバの渡りの記録
  大城正雄
 ●フラミンゴが青森県に
  畠山高
 ●徳島県阿南市のサギのコロニー
  谷崎正雄
 ●スズメに巣を追われたコシアカツバメ
  武井修一
 ●シジュウカラの育雛を手伝うゴジュウカラ
  大浪文太郎
◆天然記念物に指定されたオオミズナギドリ・ウミウの営巣地
 風間辰夫・本間隆平
◆オナガの全国分布状況
 細野哲夫
◆トビとサシバ
 大田真也
◆支部の横顔(3)
 ●宇都宮大学支部
  井川
 ●群馬県支部
  卯木達朗
 ●弘前支部
  白岩康夫
 ●新潟県支部
  風間辰夫
 ●釧路支部
  橋本正雄
 ●福島県支部
  水野忠次郎
◆古賀氏からの便り
◆海外旅行へのお誘い
 ●アフリカへ行きませんか
  (静岡支部主催)
 ●アラスカへ行こう
  (東京支部主催)
 ●ヨーロッパの自然と文化を訪ねる(会員募集中)
◆後記

1972年5月号(No.308)


表紙:加山又造

◆平林寺は砂漠のオアシスたり得るか
 山口正信
◆今冬、浜松周辺に飛来した
 オジロワシ
 山下隆
◆誰のための自然破壊(1)
 多摩川の自然
 市田則孝
◆季節の鳥(4) コアジサシ
 高野伸二
◆アカアシシギとオオハシシギ(口絵写真解説)
 高野伸二
◆人と鳥
 ヨーロッパ紀行(2)
 土屋文男
◆詩 冬うぐいす
 中尾彰
◆タイ旅行記より(白鷺寺)
 上原恵雲
◆湯ヶ島町青年団天城国有林
 で巣箱架設を
 根本喜一
◆四十雀は指物屋さんか
 村田勝四郎
◆奥多摩(氷川奥)地区の嘆き
 小野多賀子
◆広瀬川河川敷公園の嘆き
 木村ふじ・モモ
◆社寺の緑
 中西悟堂
◆木曽の赤沢休養林
 小平万栄
◆キノコの中毒(2)
 本山久平
◆鳴く虫雑記(10)
 松浦一郎
◆和歌山県海南市の鳥「ホオジロ」に決定
 森脇悦夫
◆山野の鳥(野外観察ハンドブック)発売
◆相模川におけるコアジサシの産卵と孵化
 渡辺央
◆私信 父、老田敬吉のこと
 老田正夫
◆ガラス戸に体当たりするジョウビタキ
 酒井康子
◆ドアのマジックミラーをたたくモズ
 藤波不二雄
◆日米渡り鳥条約全文
◆支部の横顔(4)
 ●宮城県支部
  竹丸勝朗
 ●名古屋支部
  武内功
◆事務局だより
◆後記

1972年6月号(No.309)


表紙:加山又造

◆人と鳥
 ヨーロッパ紀行(3)
 土屋文男
◆ハドソンの「はるかな国とほい昔」の挿画
 山本徳太郎
◆季節の鳥(5) ブッポウソウ 高野伸二
◆山野の鳥(野外観察ハンドブック)発売中
◆皇太子様と文鳥
 広橋規子
◆庭に来る鳥
 烏賀陽貞子
◆生態写真特集号に写真をお寄せ下さい
◆わが庭の野鳥
 金井喜造
◆キノコの中毒(3)
 本山久平
◆鳴く虫雑記(11)
 松浦一郎
◆ノグチゲラの生息地周辺について
 与那城義春
◆タンチョウの渡り鳥説について
 水野武雄
◆鳥信一括
 ●紀伊半島でアオジ・カヤクグリ繁殖か奥野一男・和田貞次
 ●京都で冬にノビタキ
  長沢尚美
 ●沖縄にも生息するシロハラクイナ
  大城正雄
 ●石狩川河口にコシャクシギ
  松岡茂
 ●津軽全域元旦の水禽の調査
  藤田幸也
◆当会に望む事
 奈良美津子
◆入会の動機
 新明淳子
◆立山室堂平のライチョウ調査を終って
 桜井信夫
◆苦言一束
 中西悟堂
◆トラツグミの営巣について
 ●これが正常な姿だろうか
  K・Y生
 ●このような記事は載せないで欲しい
  T・I生
 ●撮影も観察も最小限に市郁夫
◆事務局だより
◆シロハラクイナについて
◆別冊お送りします
 鴨川誠
◆お詫び・会費納入方お願い
◆後記

1972年7月号(No.310)


表紙:加山又造

◆椋鳥記(18)鶯とウグイス
 長谷川源司
◆テームズ河口に鳥帰る
◆人と鳥
 ヨーロッパ紀行(4)
 土屋文男
◆季節の鳥(6) ウソ
 高野伸二
◆セイロン・インド野鳥の旅
 募集
◆ワカケホンセイインコのむれ
 角田真一郎
◆鳴く虫雑記(12)
 松浦一郎
◆キノコの中毒(4)
 本山久平
◆刑務所にぶち込まれたヒナ泥棒
 石弘之
◆新刊紹介 中村一恵著「海に生きる鳥」南八郎
◆12 O’clock Highは私共も使っています
 手鏡を用いた暗示
 柴田敏隆
◆仙台地方に飛来したレンジャク
 船山陽一
◆伊豆沼でサバンナ・スパロウ
 柳沢紀夫・藤村仁
◆涸沼のサバンナ・スパロウ
 金沢正幸
◆奄美で出逢った鳥たち
 登山修
◆アオバズクに巣箱を
 匿名生
◆奄美大島の鳥雑記
 中村一恵
◆平松道夫氏追悼
 ●平松さんの思い出
  藤原広蔵
 ●平松道夫さんの思い出
  新井正士
 ●連雀と急死
  平松保次
 ●平松氏を憶う
  中西悟堂
◆北九州支部・遠江支部新設
◆事務局だより
◆当会財団基金御寄付芳名録(4)
◆「群馬県の野鳥」刊行
 群馬県支部
◆W・H・ハドソン記念行事
 (予告)
◆消息 高野伸二氏
◆後記

1972年8月号(No.311)


表紙:加山又造

◆ハドソンのこと
 津田正夫
◆二十五本のオンブウの木(口絵解説)
 悟堂生
◆人と鳥
 ヨーロッパ紀行(5)
 土屋文男
◆植物雑話(1)
 ムラサキ
 菱山忠三郎
◆平林寺を守る会が知事に要望書を
◆千鳥の歌寸感
 小島俊之亮
◆山形県温海町にクロサギ滞在
 佐藤彰
◆福岡・古処山に巣箱かけ
 武井修一
◆河北潟を干潟調査から落とすな
 松田衛
◆少年の不満
 一沢実
◆キツツキたち
 三石紘
◆巣箱をドラムに利用したアオゲラ
 清水徹男
◆日付の統一を!
 倉持内武
◆中尾さんのこと
 村田勝四郎
◆詩 さんしょうの木とアゲハの幼虫
 大森清男
◆昭和四十七年度全国大会議
 事録
◆大会宣言
◆鳳来寺山の全国大会記
 竹下信雄
◆トキ二羽巣立つ
 佐藤春雄
◆短歌 鳳来寺詠
 土橋米子
◆鳳来寺山のモリアオガエル
 小平万栄
◆鳳来寺について、他
 中西悟堂
◆鳥界情報
◆遠江支部発会式と総会
 山下勝三
◆声 当会で野草・昆虫の保護観察も
 高橋元雄
◆当会がとんだ過激派?
◆「馬渡島の生物」を希望の方に
 佐賀野鳥の会
◆目がよく見えない
 悟堂生
◆後記

1972年9月号(No.312)


表紙:加山又造

◆タンチョウ保護に関する報告書
 G・W・アーチボルド
◆アーチボルド博士推薦状
 S・デイロン・リプレイ
◆アーチボルド氏との出逢い
 永島吉太郎
◆ツルの問題は人の問題か
 山口正信
◆アーチボルド氏のこと
 中西悟堂
◆人と鳥
 ヨーロッパ紀行(6)
 土屋文男
◆鳴く虫雑記(13)
 カンタンを聞く
 松浦一郎
◆熊本県菊池渓谷でゴジュウカラの育雛
 矢田新平
◆植物雑話(2)
 ヘクソカズラ
 菱山忠三郎
◆郭公と沙羅双樹
 村田勝四郎
◆鍋田にカリガネ幼鳥
 山口昭雄
◆中西会長の叙勲・喜寿祝賀会
◆中西会長の「苦言一束」を読んで
 三石紘
◆三石紘氏へのお答え
 中西悟堂
◆後記

1972年10月号(No.313)


表紙:加山又造

◆写真特集について
◆特選
 ●カワセミ
  小阪昭太郎
 ●キョウジョシギ
  森井豊久
 ●ひなにリスを与えるノスリ雌
  宮崎学
 ●カッコウのひなにエサを与えるセッカ
  大田真也
 ●ホオアカ
  松木勝彦
 ●オオジシギ
  松木勝彦
◆入選
 ●ソリハシセイタカシギ
  辻淳夫
 ●チュウシャクシギを威嚇するケリ
  辻淳夫
 ●ツルシギ
  小阪昭太郎
 ●カモメ類の混群
  佐藤昌彦
 ●ハマシギの群飛
  矢田新平
 ●アカショウビン
  野田鉄治
 ●フクロウ
  萩千賀
 ●コムクドリ雄
  石江馨
 ●アオゲラ雄
  小阪昭太郎
 ●ノゴマ
  松木勝彦
◆佳作
 ●カイツブリ幼鳥
  山本正臣
 ●カワウ
  吉村信紀
 ●つつき合うヘラサギ
  並木啓次
 ●ヘラサギ
  田村満
 ●オシドリ
  老田正夫
 ●ハクガン
  野田鉄治
 ●カルガモ
  山本正臣
 ●オシドリ
  後藤俊二
 ●チョウゲンボウ
  宮崎学
 ●トビ
  松木勝彦
 ●ライチョウ
  大口友一
 ●チュウヒ
  森井豊久
 ●抱卵するバン
  吉村信紀
 ●フユクイナ
  佐藤制一
 ●ケリの威嚇ポーズ
  吉村信紀
 ●タゲリ
  神山忠士
 ●ムナグロ
  西出隆
 ●タマシギ雄の威嚇ポーズ
  吉村信紀
 ●オオメダイチドリ
  小阪昭太郎
 ●キアシシギ
  小阪昭太郎
 ●ツルシギ、アオアシシギ
  およびキョウジョシギ
  田村満
 ●タマシギ雌
  吉村信紀
 ●ツバメチドリ
  辻淳夫
 ●ホウロクシギ
  田村満
 ●イソシギ
  山下洋一
 ●タシギ
  今村京一郎
 ●オオセグロカモメ
  松木勝彦
 ●セグロアジサシ幼鳥
  中林光生
 ●ミツユビカモメ
  室伏孝之
 ●ウミガラス
  松木勝彦
 ●ツツドリ
  鈴木譲
 ●キジバトの水浴び
  宮崎由歌子
 ●アオバズク
  吉村信紀
 ●アオバズク
  吉田昇
 ●ブッポウソウ
  田中幸久
 ●ヨタカの親子
  吉村信紀
 ●ノグチゲラ
  与那城義春
 ●アリスイ
  松木勝彦
 ●クマゲラ
  小阪昭太郎
 ●イワミセキレイ雄
  矢田新平
 ●マミジロツメナガセキレイ
  大田真也
 ●ホオジロハクセキレイ
  塩田猛
 ●シロガシラ
  塩田猛
 ●サンショウクイ
  八木博
 ●ヒヨドリ
  大田真也
 ●ヒヨドリとヒレンジャク
  辻淳夫
 ●モズ
  田渕憲介
 ●クログツミ
  石江馨
 ●ノビタキ
  山本正臣
 ●オオヨシキリ
  石江馨
 ●セッカ
  原田輝
 ●コサメビタキ
  八木博
 ●エゾビタキ
  鈴木譲
 ●ヤマガラ
  二村一男
 ●サンコウチョウ雄
  八木博
 ●キバシリ
  上谷川則男
 ●シジュウカラ
  八木博
 ●ウソ
  福田司
 ●メジロ
  大田真也
 ●ホシガラス
  松木勝彦
 ●スズメ
  矢田新平
◆表紙写真説明
◆三宅島探鳥会のお知らせ
◆お知らせ

1972年11月号(No.314)


表紙:加山又造

◆人と鳥
 ヨーロッパ紀行(7)
 土屋文男
◆新大ビル屋上樹苑報告
 大阪建物社長室
◆欧州旅行中の野鳥獣との出合い
 土屋恭一
◆平松道夫先生の追悼と回想
 御厨正治
◆植物雑話(3)
 ホトトギス
 菱山忠三郎
◆白馬岳登山
 上原恵雲
◆ヤブサメとサンショウクイの育雛
 木地章純
◆諏訪湖に珍客コシャクシギ
 宮崎学
◆今年もきたレンジャク
 関谷淳
◆埼玉県にコウライウグイス
 山口正信
◆木曽福島だより
 水野武雄
◆ツバメ報告
 椎名三郎
◆キノコの中毒(5)
 本山久平
◆知っていますか
 N・T生
◆短歌 多磨霊園探鳥
 長谷川源司
◆コオロギのお客さま
 星野安子
◆横島干拓地にツバメチドリ
 大田真也
◆敦賀半島のウミネコ
 小山田静夫
◆濤沸湖畔のユキホオジロの群
 大塚豊
◆三方五湖周辺のシギ・チドリ類
 上木泰男
◆芦生原生林にヒレンジャク
 二村一男
◆奄美のエゾビタキ
 登山修
◆新浜にクロハラアジサシ
 水谷博
◆ホオジロハクセキレイ渡来
 樋口広芳
◆浜甲子園春のコオバシギ渡来
 木地章純
◆追悼・工藤友恵氏
◆御岳山にマツクイムシ、他
 影山豊
◆浦和市見沼用水池の鷺のPCB汚染
 和田雅人
◆生態写真について
 浦野栄一郎
◆12 O’clock Highのこと
 福沢あや子
◆狭山湖の今昔
 田中繁
◆能地と砂美-御教示に感謝
 真鍋礼三
◆日光小倉山だより
 古賀正
◆「東大阪池島農耕地のとり」の絵はがきご案内
 東大阪野鳥の会
◆会費について・バッジをどうぞ
◆拙宅移転の御案内
 悟堂生
◆後記

1972年12月号(No.315)


表紙:加山又造

◆ジシギ類四種の野外識別について
 新浜倶楽部
◆全国鳥だよりの中止を悲しむ
 一色正美
◆「間無く数鳴く」についてほその・ぜんき
◆ダンボール箱の雀
 向山満
◆河北潟の禁猟についての経緯
 松田衛
◆コシアカツバメ礼文島で営巣
 武石全慈
◆植物雑話(4)
 マタタビ
 菱山忠三郎
◆猫とマタタビ
 中西悟堂
◆メダイチドリの「脚ふるわせ」
 真柳元
◆庭に来たサンコウチョウ、其他
 佐々木隆
◆雨戸につくられていた多数の孔
 谷崎正雄
◆へんな鳥が来ました
 内山松男
◆全国鳥だより(13)一九七二年春
◆野鳥第三十七巻総目録
◆訂正(お詫び)
◆後記