『野鳥』誌バックナンバー 1977年

1977年1月号(No.364)


表紙:脇田和

◆俳句
 小鳥
 水原秋櫻子
◆鳥についての断想
 松永伍一
◆クモと鳥と(1)
 高野伸二
◆いかるの歌
 鈴木秀男
◆八幡太郎義家と雁の列
 南八郎
◆その後の三島池
 口分田政博
◆多摩川の野鳥
 津戸英守
◆れたあず
 ●冬の小鳥
  町田喜彦
 ●ある感想
  森久兵衛
 ●佐賀のカササギ
  手塚静雄
 ●北に帰らなかったホオジロガモ
  山田良造
◆識別講座
 アジサシ類の見分け方(1)
 高野伸二
◆西表島の野鳥
 高橋修
◆沖縄・与那国島における春の珍鳥
 上谷川則男・西岡正裕
◆沖縄を探鳥して
 大塚豊
◆密猟地帯を行く(上)
 柚木修
◆冬鳥「ノオト」から
 窪寺みどり
◆映画「アフリカの鳥」を見て
 柴田敏隆
◆シラキュースだより
 奥田晶子
◆支部のページ
◆販売物一覧
◆後記

1977年2月号(No.365)


表紙:脇田和

◆伊豆の風物
 土屋恭一
◆松島の白鳥
 竹谷彦三
◆想辺随記
 社会展望・4
 中西悟堂
◆クモと鳥と(2)
 高野伸二
◆続・ミシガン便り
 J君への手紙
 塚本洋三
◆俳句
 赤腹と尾長
 瀧春一
◆れたあず
 ●オオハクチョウを見る
  永松信夫
 ●鬼城先生の句碑
  上原恵雲
 ●シギ・チ三態
  森野正弘
 ●シロフクロウのこと
  川口爽郎
 ●逃げたカンムリヅル
  松本貞輔
◆識別講座
 アジサシ類の見分け方(2)
 高野伸二
◆高尾山麓のコサギ
 金井郁夫
◆多くの野鳥に寄生するトリキンバエについて
 石原保
◆全国野鳥繁殖地図を作ろう
◆「冬鳥ノオト」から
◆三島池畔大東中学校に中西会長書の記念碑建つ
◆第22回当会全国大会記録
◆後記

1977年3月号(No.366)


表紙:脇田和

◆水を想ふ
 野田宇太郎
◆海を忘れた白鳥
 竹谷彦三
◆想辺随記
 社会展望・5
 中西悟堂
◆短歌
 庭上春禽
 長谷川源司
◆クモと鳥と(3)
 高野伸二
◆続・ミシガン便り
 アジサシモドキがやってきて
 塚本洋三
◆伊豆の風物
 土屋恭一
◆第22回当会全国大会記
 小平万栄
◆第22回全国大会を終えて
 田中完一
◆短歌
 伊豆沼
 森川邇郎
◆れたあず
 ●新春自転車探鳥行
  住岡昭彦
 ●ジョウビタキの居間
  甘利言
 ●冬の裏妙義の思い出
  上原恵雲
 ●イヌワシ調査でコウノトリを見る
  山崎亭
 ●ついにやった
  森久兵衛
 ●新春トリ合わせ
  高橋英昭
 ●なんの鳥の声?
  吉村正則
◆識別講座
 ウミスズメ科の鳥の見分け方(1)
 高野伸二
◆鳥獣保護法における違反行
 為成立の条件
 柴田敏隆
◆筑前沖ノ島のカンムリウミスズメ・ヒメクロウミツバメの危機
 北九州支部研究部
◆謎の渡去来コース
 シマアオジ
 小山政弘
◆「カメラ野鳥記」から
◆お知らせ
◆参加者募集 第23回当会全国大会
◆後記

1977年4月号(No.367)


表紙:脇田和

◆巻頭言 当会のサンクチュアリをつくろう
◆箱根の山
 中河与一
◆わが家の鳥たち
 好崎卓二
◆植物雑話
 イカリソウ
 菱山忠三郎
◆続・ミシガン便り
 あこがれの鳥・夢の鳥(上)
 塚本洋三
◆俳句
 樅しらむ
 市村究一郎
◆短歌
 根室探雁行
 横田義雄
◆れたあず
 ●鳥を見る幸せ
  砂川信
 ●落葉とトラツグミ
  山口正信
 ●庭のカケスとトラツグミ
  木村光伸
 ●孫娘の手紙
  石藤清子
 ●鴨川のユリカモメ
  繁田彰
 ●オガワコマドリとの出会い
  佐藤利光
 ●伊豆沼探雁記
  渡部良樹
◆春がくれば黒くなるアトリの頭の話
 竹下信雄
◆識別講座
 ウミスズメ科の鳥の見分け方(2)
 高野伸二
◆鳥学講座
 棲み分け、または生態隔離・
 (1)
 樋口広芳
◆シロチドリ等と共に
 森田三郎
◆八重山に楽しい鳥獣保護区
 の立札
 (修)
◆ハワイで新種の鳥発見
◆カグーの営巣観察さる
 訳=森岡照明
◆大分県支部から
 武石干雄
◆日本自転車振興会の補助金について
◆林野庁の松くい虫法案について
◆後記

1977年5月号(No.368)


表紙:脇田和

◆巻頭言 私たちの手でサンクチュアリを
◆シラコバト補遺
 伏原春男
◆鳥書随想
 御厨正治
◆愛鳥週間の呼称を廃して
 野鳥週間の呼称に改めよ
 中西悟堂
◆カモ網の禁止について
 中村正博
◆一杯のコーヒーが鳥を守る
 山口正信
◆続・ミシガン便り
 あこがれの鳥・夢の鳥(下)
 塚本洋三
◆れたあず
 ●天竜川とカワセミと
  山口博司
 ●厳冬異変
  御厨正治
 ●モズ
  石井行広
 ●冬を耐えるヒクイナ
  小林すみゑ
 ●大雪のあとで
  水野五萬男
 ●飛行場のコミミズク
  高橋守
 ●えさ台の鳥たちをみて
  砂川信
◆鳥学講座
 棲み分け、または生態隔離
 (2)
 樋口広芳
◆部分白化ハマシギ
 伊藤正道
◆イワツバメに寄生するトリ
 ヒメダニ
 森川国康
◆下北半島でシマアオジが繁殖
 三上直樹・杉山優子・扇谷照美・大八木昭
◆青森県竜飛岬にツメナガホオジロ・ユキホオジロ・ヤマヒバリが飛来
 和嶋仁
◆札幌市郊外にアネハヅル
 松本直幸
◆福山でカラフトアオアシシギとコバシチドリの観察
 佐伯暢彦・松岡志朗・中村光生
◆会員証ができました
◆守られるオオセッカ
◆歌集「蕋一つ落つ」を事務所でも扱います
◆「カミナリシギ」はどこにいる?
◆「干潟の鳥の全国一斉カウント」が行われます
◆茂泉ご夫妻ごくろう様でした
◆事務局に仲間がふえます
◆野鳥保護基金寄付者名簿
◆長野県緑と野鳥の祭典
◆宮城県支部の支部長が代わりました
◆神戸支部が廃止されました
◆あなたの情報を電波にのせよう
◆図書紹介
◆販売物一覧
◆後記

1977年6月号(No.369)


表紙:脇田和

◆巻頭言 鳥のため、そして
 人のためのサンクチュアリ
◆名採集家折居彪二郎との邂逅
 小山政弘
◆弥彦神社古伝の献鳥神事について
 木村光伸
◆俳句 野鳥四季
 渡辺夏舟
◆想辺随記
 仁徳天皇陵と故新井正士氏
 中西悟堂
◆続・ミシガン便り
 春に踊る
 塚本洋三
◆れたあず
 ●「野鳥誌を読んで」感想
  と提言
  中村統司
 ●千曲川のユリカモメ
  町田喜彦
 ●追伸
  中村義美
 ●サンクチュアリのために
  御船真穂
 ●雨の日
  山形則男
 ●トラップ射撃の標的
  土屋綱夫
◆解説 夏になるとかならず
 日食になる話
 竹下信雄
◆識別講座
 ハト類およびサケイ類の見分け方
 高野伸二
◆埋立地の小さな命を守ろう
 石川勉
◆完成間近な大井野鳥公園
 柚木修
◆短報
◆全国野鳥繁殖地図を作ろう
◆当会協定旅館一覧
◆販売物案内
◆支部のページ
◆事務局だより
◆後記

1977年7月号(No.370)


表紙:脇田和

◆巻頭言 サンクチュアリに
 代わるものは
◆思い出のツツドリ
 永島吉太郎
◆天台華厳の歌
 岑清光
◆植物雑話 チドリノキ
 菱山忠三郎
◆続・ミシガン便り
 チビタの木
 塚本洋三
◆俳句 野鳥四季
 渡辺夏舟
◆サンクチュアリをたずねて
 市田則孝
◆れたあず
 ●迷子のハクチョウ
  阿部大一郎
 ●はばたけカンムリワシ
  島袋憲一
 ●ハチジョウツグミの死
  大坂知子
 ●「一杯のコーヒーが鳥を守る」に共鳴して
  三浦二郎
 ●サンクチュアリのために
  中林光生
◆鳥学講座
 棲み分けまたは生態隔離
 (3)
 樋口広芳
◆識別講座
 ホトトギス科の見分け方
 高野伸二
◆三羽のオグロシギ
 清水徹男
◆人物紹介
 堀越保二さん
◆曲がるくちばし
 山形則男
◆枯れ木で羽を休めるチュウシャクシギ
 大田真也
◆釧路-東京航路でミナミオナガミズナギドリ
 森岡照明・市田則孝
◆与那国島でキタツメナガセキレイを観察
 清棲保之
◆昼に鳴く夜の鳥たち
 松岡茂
◆高山帯でセグロセキレイを観察
 古厩昌幸
◆木の実を食べるモズ
 二村一夫
◆札(タグ)付のシギ・チドリが見つかりました
 宮城県支部 標識調査グループ
◆みんなの力で繁殖地図を作りましょう
◆野鳥保護基金
◆図書紹介
◆支部のページ
◆販売物案内
◆事務局だより
◆後記

1977年8月号(No.371)


表紙:脇田和

◆巻頭言 サンクチュアリ建設にむけて
◆アメリカの野生生物画と自然保護運動
 塚本洋三
◆カナダ探鳥記
 飯野俊雄
◆万葉集の鳥(1)
 川口爽郎
◆故 小林重三画伯遺作展
 中西悟堂
◆れたあず
 ●ライラックの花咲く札幌から
  山口信子
 ●銀座のアオバズク
  朝倉南海雄
 ●上高地のカワガラス
  福島清喜
 ●子バトのポー
  奥嶋紘
 ●私たちの手でサンクチュアリを
  小池勝
 ●庭に来るコゲラ
  笠原喜一
 ●戸隠を訪ねて
  犬飼健夫
◆識別講座
 フクロウ類の見分け方
 高野伸二
◆解説 ヨーロッパのウグイ
 スはジャグジャグと鳴く
 竹下信雄
◆カンムリツクシガモ
◆オオジシギについて教えて
 下さい!
◆電線に止まる鳥・追録
◆短報
◆全国六か所で行なわれたバードウィーク展
◆野鳥の交通事故死
 田中佳
◆県別、野鳥シリーズ続々出版
◆野鳥保護基金
◆会員通信欄
◆図書紹介
◆販売物案内
◆支部のページ
◆事務局だより
◆後記

1977年9月号(No.372)


表紙:脇田和

◆巻頭言 指導者のいるサンクチュアリを
◆続 ニムオロの片隅から(1)
 高田勝
◆続・ミシガン便り
 アリゾナへの旅・1
 塚本洋三
◆ある自然観察のプログラム
 烏賀陽貞子
◆俳句 野鳥四季
 渡辺夏舟
◆万葉集の鳥(2)
 川口爽郎
◆れたあず
 ●オオヨシゴイを見損なった話
  上田恵介
 ●からっぽになった財布
  松井繁
 ●四尾連湖の一日
  叶内拓哉
 ●野鳥の生息地を守るために
  土肥賢一郎
 ●タマシギを見ました
  亀谷辰朗
◆解説 夏ヤセの季節に鳥の
 重さの話
 竹下信雄
◆鳥学講座
 いろいろな鳥がいることの意味
 樋口広芳
◆イワツバメと都市化
 池田明子・土谷敦子・渡部裕美
◆短報-野鳥情報
◆第23回全国大会記録
◆野鳥保護基金
◆販売物案内
◆支部のページ
◆会員通信欄
◆事務局だより
◆後記

1977年10月号(No.373)


表紙:脇田和

◆巻頭言 サンクチュアリ計画はみんなの力で
◆続・ミシガン便り
 アリゾナへの旅・2
 塚本洋三
◆続 ニムオロの片隅から(2)
 高田勝
◆ひがし大雪の秋
 中田千佳夫
◆谷津干潟の鳥
 石川勉
◆原子力問題ABC
 石弘之
◆れたあず
 ●大自然バンザイ!
  畠山好弘
 ●暑中お見舞申し上げます
  河野美佐子
 ●ヒヨドリがセミを食べた
  池田光之
 ●野鳥との出合い
  林屋和子
 ●無責任な巣箱
  山口喜盛
◆識別講座
 ヨタカ、アマツバメ、ブッポウソウ他の見分け方
 高野伸二
◆会員の増加を-仲間を増やしましょう
◆カスミ網密猟の根絶をめざして
◆全国野鳥繁殖地図を作ろう
◆タカの渡り
◆阿武隈川の白鳥保護と橋の架替工事
 佐藤光
◆野鳥保護基金
◆図書紹介
◆支部のページ
◆販売物案内
◆事務局だより
◆後記

1977年11月号(No.374)


表紙:脇田和

◆巻頭言 サンクチュアリ計画に支部の力を
◆続 ニムオロの片隅から(3)
 高田勝
◆続・ミシガン便り
 アリゾナへの旅・3
 塚本洋三
◆万葉集の鳥・3
 川口爽郎
◆れたあず
 ●哀愁の一眼レフ
  永田章
 ●ホトトギスは何て鳴く
  林田豊三郎
 ●空想の旅
  三宅伸子
 ●北アルプスの野鳥
  高石祐子
 ●利尻岳のギンザンマシコ
  上野善平
◆ビギナーアングル
 野鳥との出会いのために
◆解説 星座を仰ぐ野鳥たち
 竹下信雄
◆鳥学講座
 いろいろな鳥がいることの意味
 樋口広芳
◆トピックス
◆休日と探鳥
◆全国野鳥繁殖地図を作ろう
◆カスミ網密猟の根絶をめざして・その2
◆人物紹介
 岡本久人さん
◆北海道でクロジが営巣、初繁殖
 藤巻裕蔵・樋川宗雄
◆東京湾大井埋立地でチョウゲンボウが繁殖
 中村輝男
◆オナガ飛騨で初繁殖
 直井清正
◆短報-野鳥情報
◆野鳥保護基金
◆販売物案内
◆支部のページ
◆事務局だより
◆後記

1977年12月号(No.375)


表紙:脇田和

◆巻頭言 サンクチュアリで
 心と心のふれ合いを
◆続・ミシガン便り
 アリゾナへの旅・4
 塚本洋三
◆三陸町点描
 広沢春任
◆藤の実爆ぜるころ
 長谷川道子
◆俳句 野鳥四季・4
 渡辺夏舟
◆鹿児島県荒崎周辺地区の鳥
 叶内拓哉・森岡照明
◆れたあず
 ●ハチクマよ無事に渡れ
  山野井昭雄
 ●山は山でもゴミの山
  有賀裕
 ●野鳥保護基金の領収書
  塚本洋三
 ●ヤマショウビン現わる
  森田善朗
◆ビギナーアングル
 野鳥との出会いのために
◆識別講座
 カワセミ類の見分け方
 高野伸二
◆鳥学講座
 鳥とはどんな動物か
 樋口広芳
◆短報-野鳥情報
◆中西会長が文化功労者に!
◆昭和五十二年野鳥第四十二巻目録
◆野鳥保護基金
◆会員通信欄
◆販売物案内
◆支部のページ
◆後記