当会理事長 遠藤孝一・講演イベント「第4回チュウヒ報告会」開催のお知らせ

国内希少野生動植物種に指定されているチュウヒは、唯一草原で繁殖するタカの仲間で、国内ではわずか140ペアしか繁殖していません。そのチュウヒについて、国内最大の繁殖地であるサロベツ原野での繁殖生態や保全状況を紹介したうえで、チュウヒがどのように地域活性化に活かせるかについて考えるイベントを開催いたします。

第4回チュウヒ報告会(オンライン+一部会場)

開催概要

日時
令和3年10月28日(木)14:00~16:00
場所
定住支援センター多目的ホール
〒098-4121 北海道天塩郡豊富町東1条6丁目
主催
環境省北海道地方環境事務所
協力
(公財)日本野鳥の会・日本野鳥の会道北支部・NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク
後援
豊富町

講演内容

  1. 人も自然も元気に~里山のタカ・サシバをシンボルにしたまちづくり~(50分)
    講演:遠藤孝一((公財)日本野鳥の会・理事長)
  2. サロベツにおけるチュウヒの繁殖状況 (30分)
    講演:長谷部真(NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク・事務局長)

対談

チュウヒを通した地域活性化(遠藤孝一・若松徹・長谷部真)
コーディネーター 長谷部真

お申し込みはこちら

(申し込み締め切りは10月26日(火)17:00とさせていただきます。)

  • コロナウイルス感染防止のため現地会場参加者の定員は20名様とし、定員になり次第受付を終了します。
  • 当日はマスク着用の上ご参加ください。体調が悪い方は参加をご遠慮ください。
  • オンライン定員は200名様までとさせていただきます。
  • オンラインで申し込み頂いた方には、報告会の前日までに参加に必要なリンクをお送りします。

お問合せ

NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク(担当:長谷部)
Tel:0162-82-3950
メール:hasebe@sarobetsu.or.jp