全国「ツバメのねぐら入り観察会」のご案内

ツバメのねぐら入り観察会

ツバメは、春から夏にかけて日本へやって来る渡り鳥です。
新緑の美しい季節、あじさいの咲く梅雨、蝉の鳴き声がする暑い夏・・・スイスイと頭上を飛ぶツバメ、見たことありませんか?
ツバメは日本の民家や商店の軒先など、皆さんの近くで巣を作り、子育てをします。そして、秋になるとインドシナ半島やマレー半島、オーストラリア北部へ帰って行きます。
ヒナが大きくなり巣立ち、日本から去るまでの間、エサをたくさん食べて、渡りのための準備をします。その時に河川敷のヨシ原などで集団のねぐらを作ります。昼間は市街地周辺で過ごし、夜は近隣の河川敷などで集結して休むのです。

「ツバメのねぐら入り観察会」では、数千から数万羽のツバメたちが舞飛び、一斉に舞い降りる壮観な眺めを観察します。

なお、天候やツバメの飛来状況により、観察できる数には変動がありますので、あらかじめご了承ください。

地図

東北ブロック
関東ブロック
中部ブロック
近畿ブロック
中国・四国ブロック
九州・沖縄ブロック


★全国18か所のツバメのねぐらを紹介したパンフレット「ツバメのねぐらマップ」をプレゼントしています。
詳しくはこちら