シマフクロウ研究者によるトークイベント「シマフクロウ★トーク」のご案内

こちらのイベントは終了しました

世界中で親しまれている、知恵と幸福のシンボル「フクロウ」。
中でもシマフクロウは、フクロウ類最大級の大きさ、生態系の頂点に立つりりしい姿、夜の森にくらす謎めいた生態、人々を魅了する要素たっぷりで、当会でも人気の鳥です。

当会の野鳥保護区に生息するシマフクロウ
当会の野鳥保護区に生息するシマフクロウ

しかし、生息地の森の減少や河川環境の変化によるエサ不足などにより数を減らし、1970年代頃の推測数は70羽程度と、最も絶滅に近い種のひとつとなってしまいました。保護の必要性は以前から訴えられていましたが、北海道東部の限られた森にすみ、生態も詳しく調べられていなかったため、シマフクロウの保護活動は、一部の情熱を持った研究者や地元NGOの地道な活動によって支えられてきたのが現状です。保護活動は徐々に広がりつつあり、現在の生息数は140羽と微増傾向にあるものの、まだまだ課題も多く、よりたくさんの方にこの鳥のおかれている状況を知っていただきたいと思っています。
今回は、長年に渡り最前線で研究と保護に携わっているシマフクロウ環境研究会代表の竹中健氏と、日本野鳥の会の野鳥保護区事業所でチーフレンジャーとして、日々シマフクロウ保護活動を進めている松本潤慶という現地で活躍する2人が、シマフクロウ保護の今を語ります。貴重な映像や鳴き声も聞けますよ!

また、併設のバードショップではフクロウグッズも取り揃えて皆さまのご来店をお待ちしております。

フクロウ時計
他にもいろいろな商品が!

フクロウ手ぬぐい


日時:
2015年11月28日(土) 13:30~15:30
会場:
日本野鳥の会 西五反田事務所 3F会議室
アクセス案内はこちら http://www.wbsj.org/about-us/summary/office/
参加費:
無料
定員:
先着30名
申込方法:
電話 03-5436-2622 Email(リンク) event@wbsj.org にてお申込みください。メールの場合は代表者名・参加人数・連絡先を明記ください
スピーカー:
竹中健(たけなかたけし)氏 シマフクロウ環境研究会代表
松本潤慶(まつもとじゅんけい) 日本野鳥の会 野鳥保護区事業所チーフレンジャー

当日は、小川珈琲がバードフレンドリーコーヒー発売10周年を記念して作った“日本野鳥の会オリジナルシマフクロウブレンド”もお楽しみいただけます!