プレスリリース 2020.02.21

里山における太陽光発電事業について
埼玉県及び鳩山町へ要望書を自然保護3団体で提出

近年、各地の里山において太陽光発電事業の計画が進められています。太陽光発電事業の推進は気候変動対策のために大切ですが、事業がその地域の自然環境に悪影響を及ぼさないように配慮することも重要です。

埼玉県鳩山町にある「熊井の森」と呼ばれる里山は、環境省のモニタリングサイト1000で調査が行われており、里山として豊かな生物多様性が残されていることが明らかになっている場所です。この場所で計画されている太陽光発電事業の中止を求めるとともに、県下の保全上重要な里山を把握し、そこでは太陽光発電事業を抑止すること。里山の保全と両立できる形での太陽光発電事業の導入を求める要望書を、WWFジャパン、日本自然保護協会と連名で2020年2月21日に提出しました。