『野鳥』誌バックナンバー 1970年

1970年1月号(No.280)


表紙:脇田和

◆自然保護を阻むもの
 筑波常治
◆富士見にて
 水原秋桜子
◆国立公園内での狩猟は禁止せよ
 卯木達朗
◆最近の調査・観察より
 樋口広芳
◆コムクドリのコートシップ
 茂田良光
◆鳥と花との物語
 神保光太郎
◆ハシグロビタキの渡来
 今井光雄・小沢重雄
◆講座 新・野鳥識別シリーズ(13)
 内田康夫
◆各地のニュース
 ●グンカンドリを目撃
  大田保文
 ●ホオジロハクセキレイの巣作り
  大田真也
◆宍道湖から中海へ移った白鳥たち
 内田映
◆秋菊佳色あり
 中谷孝雄
◆私のスガ鳥考-語源と誤写問題
 ほそのぜんき
◆江戸時代 本草学と近代科学の鳥の分類
 中西悟堂
◆想い出の句
 上原恵雲
◆読者欄
 ●執念で撮影に成功したバンの誕生
  山口昭雄
 ●バックミラーとキセキレイ
  竹入保郎
◆探鳥会落第の記
 安田市蔵
◆仏法僧と私
 長沢士朗
◆ウォッチャ-
◆コノハズクあれこれ
 岡董高
◆豆知識 モズのハヤニエ
 T生
◆消息 石川支部長・熊野正雄氏死去
◆大阪南港の野鳥を守る会より
◆新入会員
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆カスミ網反対運動から・「新浜を守る会」から・御寄付芳名・後記

1970年2月号(No.281)


表紙:脇田和

◆現代文明の危機と自然保護
 太田辰己
◆小鳥ども
 尾崎一雄
◆ヒメアマツバメのこと(上)
 安部直哉
◆ソ連邦の林と山の鳥(4)
 水野武雄
◆みやこどり
 野田宇太郎
◆卵談雑話-悟堂叢談の2
 中西悟堂
◆若山牧水の野鳥詠(1)
 大悟法進
◆講座 新・野鳥識別シリーズ(14)
 内田康夫
◆ウォッチャ-
◆カンムリウミスズメの渡来の考察
 金子与止男・風間辰夫
◆読者欄
 ●探鳥雑感
  大井一正
 ●えさ台に群がる野鳥
  前山武彦
◆深沢峽の冬の鳥
 伊藤良昭
◆カササギ写真家木下博行君
 手塚静雄
◆キジ坊の話
 前田亥津二
◆壱岐島寸描
 清水徹男
◆神奈川県津久井周辺の野鳥
 有田一郎
◆各地のニュース
 ●福井県下のケリの繁殖
  (続)
  林武雄・中林良介・上木泰男
 ●熊本県球磨郡高原の鷺山
  大田真也
 ●ハリオアマツバメを確認
  寒沢正文
 ●能登のトキを佐渡へ
◆奈良支部成る
◆御寄付芳名
◆後記・お詫び

1970年3月号(No.282)


表紙:脇田和

◆人類の進歩と調和
 三浦辰雄
◆スズメとのつきあい
 入江相政
◆ヒメアマツバメの記録とコチドリの越冬
 高野伸二
◆姑悪という鳥
 松枝茂夫
◆野鳥の句自解(1)
 水原秋桜子
◆ノスリ急行列車に衝突
 福本幸夫
◆カンガルーのお産
 畠山蔵六
◆野鳥の巣-悟堂叢談の3
 中西悟堂
◆珍鳥風景(1)
 高野伸二
◆若山牧水の野鳥詠(2)
 大悟法進
◆全国鳥だより(7) 昨秋の渡り情報後半
◆ムクドリの記
 加藤多美子
◆芦の湖が野鳥の楽園に忍田中
◆俳句 夏の鳥20句
 古川はるを
◆読者欄
 ●兎とトビ
  下山喜太郎
 ●イヌワシ観察
  阿部明士
◆珍鳥・沙鶏の渡来に想う
 山口正信
◆豆知識 ミサゴと大魚
 T生
◆第一回カスミ網問題対策の
 集い
◆民社党政策審議会よりの回答
◆御挨拶に代へて
 中西悟堂
◆評議員選出・全国大会予告
◆御寄付芳名

1970年4月号(No.283)


表紙:脇田和

◆自然破壊の後に来るもの
 吉村貞司
◆鳥の声
 井伏鱒二
◆野鳥の句自解(2)
 水原秋桜子
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆ヒメアマツバメのこと(下)
 安部直哉
◆珍鳥風景(2)
 高野伸二
◆兵庫県、京都府下のブッポウソウ
 坂根干
◆野鳥七種飼育許可の全廃を乞う、他
 笹川昭雄
◆読者欄
 ●剥製とりどり、白山眺望
  農田化で駄目
  市川昌徳
 ●北海道旅行
  堀内盛一
◆ソ連を旅して
 星野嘉助
◆尾無し山鳥
 松本貞輔
◆思い出の郊外(1)-悟堂叢談の4
 中西悟堂
◆若山牧水の野鳥詠(3)
 大悟法進
◆わが心燃ゆ
 土方久功
◆各地のニュース
 ●ケリの群の中でタゲリが
  越夏?
  上木泰男
 ●アオバズクの営巣
  武井修一
 ●夏のオジロワシ
  本間隆平
 ●ツバメチドリ成鳥の渡来
  山口昭雄
 ●十月九日にもハイイロペ
  リカンを観察
  北島功二・森田幹夫・矢田新平
 ●涸沼でツメナガセキレイ
  越冬
  青木一夫・小林正博
◆三本杉と仏法僧
 木村量平
◆ウォッチャー
◆石川県残留ツバメの保護について
 村本義雄
◆禽舎放鳥の白鳥シベリア往復
 三上士郎
◆能登の朱鷺みな残念がる
 宮崎孝政
◆後記・誤植訂正

1970年5月号(No.284)


表紙:脇田和

◆海鳥地獄
 内田清之助
◆自然保護について
 黒田長久
◆小鳥雑感
 津田青楓
◆野鳥の句自解(3)
 水原秋桜子
◆上総一の宮にヒメウズラシギ
 高野伸二
◆鎌倉のヒメアマツバメ
 岡田泰明
◆野鳥の会後援
 江戸英雄
◆珍鳥風景(3)
 高野伸二
◆八丈島の鳥二題
 藤本勉
◆不断着の野鳥
 杉山十枯
◆豆知識 クモと鳥
 T生
◆各地のニュース
 ●多摩川にホオジロハクセキレイ
  青木一夫
 ●鍋田にミヤコドリ
  松原敬親
 ●ミヤコドリ・オオハシシギ・ハイイロチュウヒ
  山口昭雄
 ●福井県でクロコシジロウミツバメ
  林武雄
 ●キジバトによる不燃建築
  滝沢晃夫
 ●長ぐつを利用したスズメの巣
  樋口広芳
 ●トキについて能登から最終報告
  村本義雄
 ●佐倉に残留ツバメ
  茂田良光
◆木彫の雀
 村田勝四郎
◆メジロのミサゴ型?水浴
 柴田敏隆
◆柴田氏のミサゴ型水浴について
 内田康夫
◆群馬県支部が野鳥と自然保護に関し請願
◆若山牧水の野鳥詠(4)
 大悟法進
◆思い出の郊外(2)-悟堂叢談の5
 中西悟堂
◆ホシガラスの想い出
 伊藤良昭
◆ウォッチャー
◆大阪のヒメアマツバメ
 上田恵介
◆全国鳥だより(8)(上) 今冬の越冬情報
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆会員の皆様へ・当会への郵便物は私書箱で・編集後記

1970年6月号(No.285)


表紙:脇田和

◆緑の自然を我等の手に
 高木五六
◆野鳥の句自解(4)
 水原秋桜子
◆庭の松の木
 中尾彰
◆両国駅に珍鳥
 高野伸二
◆唐土の鳥譜
 高木健夫
◆ブンチョウとセキセイインコの野外の営巣
 宮城正吉・中村正己
◆ホシムクドリとアメリカヒドリ
 浜口哲一
◆対馬にきたオオハクチョウ
 斎藤弘征
◆読者欄
 ●かもしかみち
  倉持内武
 ●川崎市生田にフクロウ
  小谷ハルノ
 ●まだいたカワセミ
  黒川武雄
 ●妙義のオシドリ
  卯木達朗
◆冠島のオオミズナギドリ雑考
 松本貞輔
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆若山牧水の野鳥詠(5)
 大悟法進
◆自然を返せ!-都民集会-
 市田則孝
◆真鍋島訪問記
 中西悟堂
◆各地のニュース
 ●土山のカモ池にオオハクチョウ
  前山武彦
 ●ホオアカ徳島の剣山で繁殖か
  曽良寛武
 ●ヒメクイナを保護
  大田保文
 ●コイカルの撮影
  大田真也
 ●白化したセグロセキレイ
  大田真也
 ●榛名山麓にヤツガシラ渡来
  松本美智男
 ●山形にセイタカシギ
  中島宏
◆アオバズクに寄せて
 伊東誠
◆キジバトのひみつ
 M・Y生
◆奥日光湯ノ湖に渡来したウ
 御厨正治
◆「鳥獣の楽園」本決り
 菊池博
◆ウォッチャー
◆全国鳥だより(8)(下) 今冬の越冬情報
◆写真展その他・後記

1970年7月号(No.286)


表紙:脇田和

◆自然と文明との調和
 村松正俊
◆高知市にコウライウグイス
 松田輝雄
◆グンカンドリ類一種を目撃
 鈴木譲
◆私の好きな鳥
 内山雨海
◆野鳥の句自解(5)
 水原秋桜子
◆身辺鳥記 キジが庭に来る
 まで
 宮田暉郎
◆浅草の野鳥(1)
 網野宥俊
◆九州支部発展的に解散
◆陸中早池峯山の鳥
 横山恵一
◆韓国ソウルにて
 清水徹男
◆ソ連邦の林と山の鳥(5)
 水野武雄
◆釧路にカナダヅルの幼鳥
 正富宏之
◆猛獣と小鳥
 戸川幸夫
◆各地のニュース
 ●秋季におけるシマゴマの渡来
  柏崎標識グループ
 ●ハイイロヒレアシシギの観察
  明治大学野鳥研究会
 ●沖縄にソデグロヅル、オオチドリ、セイタカシギ
  大城正雄
◆中学生と野鳥
 長島岩雄
◆野鳥記録にテープレコーダー利用
 横田義雄
◆鳥類造形小記
 鹿児島寿蔵
◆ガラパゴス諸島旅行団人員
 募集広告
◆読者欄
 ●助かったカワラヒワ
  鈴木睦雄
 ●ミサゴ型の水浴をするヒヨドリ
  鈴木秀男
◆若山牧水の野鳥詠(6)
 大悟法進
◆ウォッチャー
◆ヒメアマツバメ発見記
 大城正雄
◆支部のたより
 ●大崩山を守る運動その後
 ●最近の佐賀の動き
  手塚静雄
 ●「河北湾白鳥を守る会」
  発足
 ●蒲生海岸を守ろう!
  花輪伸一
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆弘前支部・瀬戸内海真鍋島
 支部が誕生
◆御寄付芳名・会のバッジをどうぞ・財団法人化について・後記

1970年8月号(No.287)


表紙:脇田和

◆スズメさまざま
 北沢好人
◆浅草の野鳥(2)
 網野宥俊
◆野生化したギンパラとベニスズメの観察記
 黒岩武一
◆ゴルフコースの鳥新妻博
◆鴛鴦と鶴
 松村英一
◆鳥オンチ
 古谷綱正
◆野鳥の句自解(6)
 水原秋桜子
◆自然は楽しむもの
 槙志真
◆ハイイロガン?
 柳沢紀夫
◆若山牧水の野鳥詠(7)
 大悟法進
◆ウォッチャー
◆椋鳥記(15)-蛇の舌
 長谷川源司
◆タンチョウの脚引込め飛行吉井正
◆野鳥のバックナンバーをどうぞ
◆珍鳥風景(4)
 高野伸二
◆イギリスのマガン-その数と分布
 竹下信雄
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆全国鳥だより(9)(上) 春の渡り情報
◆淀川筋の野鳥保護を
◆自然を守る運動全国規模で展開
◆蒲生海岸の保存につき本部より陳情書
◆誤植訂正・後記

1970年9月号(No.288)


表紙:脇田和

◆室内に作られたスズメの巣
 大田真也
◆昭和四十四年度会計報告
◆木曽路ところどころ
 烏賀陽貞子
◆身辺鳥記 カワラヒワの雛たち
 宮崎由歌子
◆野鳥の句自解(7)
 水原秋桜子
◆鳶と葉牡丹
 長沢美津
◆短歌 野田の鷺山
 長谷川源司
◆若山牧水の野鳥詠(8)
 大悟法進
◆浅草の野鳥(3)
 網野宥俊
◆豆知識 ミサゴと大魚その後
 T生
◆ウォッチャー
◆雲ノ平登行(2)
 中西悟堂
◆奥日光の自然破壊の現状
 森谷憲
◆ソ連領内における繁殖地(2)
 水野武雄
◆各地のニュース
 ●タゲリの夏の記録
  柳沢紀夫
 ●オオワシ幼鳥を剥製にして
  市川昌徳
◆読者欄
 ●山のシジュウカラ
  田中秋三
 ●クモの糸にかかった幼ツバメ
  下山喜太郎
 ●こわかったアオバズクの撮影
  宮崎学
◆全国大会記
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆全国鳥だより(9)(下) 春の渡り情報
◆拡大役員会・法人化申請・本部会員を五千名に
 ・写真展に出品を・三宅島探鳥会へ・後記・その他

1970年10月号(No.289)


表紙:脇田和

◆野鳥の句自解(8)
 水原秋桜子
◆逃げだしたカンムリヅル
 湯浅恭一
◆浅草の野鳥(4)
 網野宥俊
◆パンが早贄にされた話
 村田勝四郎
◆ぬすっとカラス
 松岡茂
◆支部のたより 水戸の行事
 柳橋恵美子
◆アメリカの小鳥
 木畑米子
◆若山牧水の野鳥詠(9)
 大悟法進
◆沙漠への道
 崎川範行
◆奥武蔵とウスバキトンボ
 山口正信
◆公害と自然と倫理
 中西悟堂
◆詩 「雁」
 奥田晶子
◆涸沼珍鳥録-レンカクを見る
 西野正義
◆ウォッチャー
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆荒崎・冬の鳥の記録
 柳沢紀夫
◆ガン類・ツクシガモ類・ハクチョウ類 全国いっせい調査のお願い
◆カスミ網による密猟実態と問題点
 竹下信雄
◆報告・お知らせ
 ●来年度の全国大会は下北半島
 ●当会の自然保護運動
 ●本誌8月号の記事について
◆御寄付芳名・誤植訂正・後記

1970年11月号(No.290)


表紙:脇田和

◆人工汚染(1)
 著=ポール・エールリッヒ
 訳=蓮尾嘉彪
◆野鳥のすみかを保存しよう
 山口正信
◆野鳥の句自解(9)
 水原秋桜子
◆若山牧水の野鳥詠(10)
 大悟法進
◆悟堂和尚のヒューマニズム
 否定論を読んで
 村松正俊
◆浅草の野鳥(5)
 網野宥俊
◆千葉県三石山周辺の鳥の記録
 千羽晋示
◆岐阜市内金華山のイワミセキレイ
 伊藤良昭
◆イワミセキレイをみつけて
 宮田暉郎
◆沖縄のソデグロヅルその後
◆ウォッチャー
◆各地のニュース
 ●シラガホオジロの観察
  青木一夫
 ●大阪南港のセイタカシギ
  上田恵介
 ●ツバメのアルビノー
  忍田中
 ●ヒメアマツバメの古い記録
  内田康夫
 ●夏の野付のシロカモメ
  神谷芳郎
 ●平戸島でナベヅル越夏
  鴨川誠
◆芦生演習林の冬鳥
 二村一男
◆ウミアイサの食餌量
 風間辰夫
◆読者欄
 ●「キジバトのひみつ」について
  小島聡
 ●日曜大工クラブから巣箱の寄付
  根本喜一
 ●「かもしかみち」について
  田篭伊三雄
 ●せっしょうにん
  倉持内武
◆ソ連領内における繁殖地(3)
◆全国鳥だより(10)(上)
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆事務局だより
◆財団法人スタート・カスミ
 網反対運動から・倉田篤氏
 遺児育英資金について
◆御寄付芳名・誤記訂正・後記

1970年12月号(No.291)


表紙:脇田和

◆巻頭言
◆特集・その一
 林野庁によるガン・カモ科
 鳥類の越冬調査
◆特集・その二
 夏期生息鳥類の全国調査-
 全国鳥だより(10)(下)
◆佐賀の鳥界から
 手塚静雄
◆新案「猫よけ給餌給水器」
 中西悟堂
◆福井・石川・岐阜のカスミ
 網密猟地帯を訪ねて
 蓮尾嘉彪
◆各地のニュース
 ●下関市千鳥ヶ浜にセイタカシギ
  梶畑哲三
 ●人なつこいクマゲラ
  阿部卓
 ●カンムリカイツブリと親しむ
  藤田茂明
 ●八代干拓地にミヤコドリ
  矢田新平
 ●青森県下のアホウドリ
  三上士郎
 ●大井川河口のアジサシと
  コアジサシ
  佐藤昌彦
◆財団法人日本野鳥の会設立とその寄附行為
◆未確認情報 長野県下にヒメアマツバメ?
 長井清
◆学名アラカルト
 内田康夫
◆会費値上げと納入についてお願い
 ・カスミ網反対運動から
 ・「寒くなりました、野鳥のために餌の用意を」
◆後記