国際サシバサミット2021宮古島のご案内

国際サシバサミット2021宮古島

サシバは、かつて里山環境で身近なタカの仲間でした。しかし、生息地の開発や休耕田の増加といった環境悪化や密猟などで減少し、現在は国の絶滅危惧種に指定されています。サシバは渡りをするため、繁殖地、中継地、越冬地での保全活動が欠かせません。

サシバの保全を進めるためには、国内外の関係者間の情報共有とネットワーク構築が不可欠です。国際交流のなかでさまざまな関係者が連携して、保全を進めていきたいと考えています。

下記よりオンライン参加いただけます。
プログラム等も公表されました。

オンライン参加はこちら

第2回国際サシバサミット(沖縄県宮古島市)

開催日時
2021年10月16日(土)、17日(日)
会場
オンライン参加のみとなります
主催
宮古島市
主管
国際サシバサミット宮古島大会実行委員会、公益財団法人日本自然保護協会
共催
宮古野鳥の会、アジア猛禽類ネットワーク、公益財団法人日本鳥類保護連盟、公益財団法人日本野鳥の会
協力
宮古島市立伊良部島小学校、公益信託「サントリー世界愛鳥基金」
協賛
サントリーホールディングス株式会社
問い合わせ
宮古島市生活環境部環境衛生課
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL 0980-75-5339(環境衛生課) 
Email:kankyo.shizen@city.miyakojima.lg.jp

プログラム(予定)

10月16日(土) 午前 講演&ポスター発表

9:30
「宮古のサシバ文化」
久貝勝盛(宮古野鳥の会 顧問)
10:30
オンラインポスター発表

10月16日(土) 午後 シンポジウム 13:30~17:00

  • 開会挨拶
  • オープニングセレモニー
  • 基調講演
    「サシバも人も、地域も元気に!」
     遠藤孝一(日本野鳥の会理事長・オオタカ保護基金代表)
  • 事例報告
  • 首長サミット
  • サミット宣言

10月17日(日) 午前 子どもたちの発表 9:30~12:00

  • 挨拶
  • オープニング
  • 子どもたちの活動報告
  • ミュージカル
    「(仮題)サシバの渡り」劇団シンデレラ
  • 閉会宣言

10月17日(日) 午後 オンラインポスター発表 13:30~15:30